キアーラ・ロッサーニ

人物・団体ページへ

ゴッホ 風がはこんだ色彩

キアーラ・ロッサーニ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784890139217
ISBN 10 : 4890139214
フォーマット
出版社
発行年月
2010年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
38

内容詳細

炎の画家と呼ばれたゴッホ。彼が胸のうちを明かした弟テオとの手紙をもとに、巨匠ゴッホの生涯が絵本で蘇る。ゴッホの狂おしいまでの絵画に対する情熱と、兄弟の深い愛が伝わる物語。アートな絵本シリーズ第6弾。

【著者紹介】
キアーラ・ロッサーニ : 1954年生まれ。ミラノ大学で外国文学を学ぶ。1982年よりミラノ近郊の公共図書館の館長を務め、1995年より小説や児童文学を執筆する。イタリア・ミラノ郊外のトレッツァーノ・スル・ナヴィーリオ在住

オクタヴィア・モナコ : 1963年生まれ。金細工に興味をもち、ボローニャの美術アカデミーに入学。その後、世界各国で絵本のイラストレーターとして活躍し、2004年、イタリア・アンデルセン賞でベスト・イラストレーターに輝く。現在はイラストレーターのかたわら、子どもや大人に向けた講座やアトリエをひらいている。イタリア・ボローニャ近郊在住

結城昌子 : 武蔵野美術大学卒業。アートディレクター、エッセイスト。世界各地の美術館や名画にまつわる土地を訪ね歩きながら、名画との楽しいコミュニケーションを提案する書籍を多数、企画執筆。2010年、青少年文化の発展に貢献した人に贈られる「第50回久留島武彦文化賞」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mntmt さん

    心が重くなるけど、ゴッホの絵を見る目が変わるかな、こういう背景を知ると。

  • 原口 南 さん

    子ども時代から晩年までの絵本。風が話しかけてくる表現がゴッホらしく、読みやすかった。

  • navyblue さん

    ゴッホの生涯を綴った絵本。オクタヴィア・モナコさんの挿絵が素晴らしい。弟テオの支えがあったことは有名な話だが、一時はゴーギャンと同居もしていたことも。椅子とひまわりエピソードが印象的だった。全編を通して「風」がゴッホに囁く。彼はその声に導かれるように絵を描いていく。ゴッホは本当に風と話ができたのかもしれないなぁ。「リュクサンブール庭園の並木道」や「夜のカフェテラス」が好きだ。

  • Maiラピ さん

    オクタヴィア・モナコの絵の中にゴッホの作品や浮世絵や羊飼いの絵画がコラージュされて楽しい。金色を上品に使ってる象徴的な絵と色彩は饒舌に語りかけてくる。テオがエッフェル塔の上から絵をかく道具をトロッコで送っている絵がお気に入り。帽子にロウソクのゴッホや麦畑に散る赤い血は印象的。没後120周年ゴッホ展や特集でゴッホを旧知の人のよう感じる。川上未映子さんみたいにわたしもゴッホにゆうたりたい。。。

  • Miko さん

    ゴッホの絵を目の前で観たとき瑞々しい筆のタッチにゾクゾクした。 不器用で全てが自分の思い通りに進まなかったゴッホ。 もしかもっと器用な生き方が出来てたらあの絵は生まれなかったかもしれない。 芸術と幸福は案外真逆なところにあるのかも。 これは絵本だけどゴッホのことを少し客観的に書いててそれが的を得てる気がする。 そしてこの絵本を読むたびに心が痛くなる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品