ガース ウイリアムズ

人物・団体ページへ

しろいうさぎとくろいうさぎ 世界傑作絵本シリーズ

ガース ウイリアムズ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834000429
ISBN 10 : 4834000427
フォーマット
出版社
発行年月
2001年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
31cm,1冊

内容詳細

白いうさぎと黒いうさぎのやさしい愛の物語が墨絵のような濃淡でやわらかく語られます。森の情景の美しさ、こずえの葉のそよぎ、草のにおいまでが2匹のうさぎを祝福しています。 4才から

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • れみ さん

    図書館内で読了(3)なかよしの白いうさぎと黒いうさぎのお話。むかし家にあって読んだ気がするけどすっかり内容忘れてた。二匹は男女だったのね。うさぎたちのダンスを他の動物たちが見てる場面がほっこりする(^-^)しかし、うさぎが馬跳びとは…ちょっとシュール^^;

  • KAZOO さん

    単純な話なのですが、絵本の原点があるように感じました。かわいらしい兎ですね。最後は結婚ということなのですが、そこまでいかなくても一緒にいるだけでも良かったという気はします(小さい子向きなので)。

  • thayami さん

    想いを言葉に・・・。心を打ち明けた時の、相手の反応を想像する。喜びや嬉しさ以上に、照れ、不安がある。"Simple is the Best!" 凝った演出もなく、自分の心に素直になる。絵もそんな優しさに溢れる。うさぎのふかふかな柔らかさも伝わるタッチ。お気に入りは、仲間のうさぎが2匹をお祝いにきた場面。周囲にも祝福されて幸せ一杯!蛇足だが、毎回読む度に自身のことを思い出す・・・。嗚呼、くろうさぎほど素直じゃなかったなぁ。(笑)

  • ♪みどりpiyopiyo♪ さん

    しろいうさぎと くろいうさぎ、二ひきの ちいさなうさぎが、ひろい もりのなかに、すんでいました。 まいあさ、二ひきは、ねどこから はねおきて、いちにちじゅう、いっしょに たのしく あそびました。 ■そうだよねー。たのしく しあわせな時よ、いつも いつも いつまでも、って思うよね。そうやって 互いの気持ちを受けとめて仲良くなるんだよね。■墨絵の様な黒と微かな黄色で、こんなにも柔らかで 明るく暖かい表現が出来るのですね。当時は重ね刷りだったのかな? ■かわいいふたり、いつまでも(ღ′◡‵)(1958年)

  • らったった さん

    面白かった!目をまん丸くしてびっくりする姿が印象的(^^)ホントに驚いたときはあんな顔になるんでしょうね。恋物語とは思いませんでした。純粋で明け透けでとても真っ直ぐな物語です(*^^*)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品