ガブリエル・ヴァンサン

人物・団体ページへ

アーネストがころんだ くまのアーネストおじさん

ガブリエル・ヴァンサン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784892388392
ISBN 10 : 4892388394
フォーマット
出版社
発行年月
1995年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22×25cm,1冊

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ツキノ さん

    図書館の書庫の絵本・児童書を読もうキャンペーン・265(E-85)ふたりは結婚式へ。急ぐ道すがら、アーネストが転んで鼻をぶつける。周りの人が親切。でも心配そうな視線に「ほうっておいて ちょうだい、わたしたちのこと!」アーネストは「ぼくは、もう なにもかも いやに なってしまったんだ」セレスティーヌはお芝居ごっこで「結婚式に行くふりをして家へ帰るのよ」ふたりの持ちつ持たれつの関係がいい。

  • bros さん

    【みんなで絵本。夏休みスペシャル】アーネストが転んで、普段は甘えん坊のセレスティーヌがここぞとばかりに張り切って世話をするところが可愛い。アーネストの口に包帯ぐるぐる巻き付けたのには笑いが(^m^)(話せないじゃん)突っ込み入れた。

  • ははは さん

    なにかあった時に「これくらいで良かったじゃない!」ほっとしたセレスティーヌの気持ちが良く分かります。

  • とんとん さん

    図書館の児童書コーナーで立ち読み。痛さと自己嫌悪でアーネストが心を立て直せないシーンで、自分とリンクしてしまい涙がでました。でも、それを「ふてくされる」という表現しているところがいいなぁと思います。こんどから「今ちょっとふてくされてるから」と言おう。大人だってふてくされるのだ。

  • がる  さん

    くまのアーネストおじさんL 自分の不注意で転んだり怪我したりって、本当に落ち込むんだよなぁ。妙に共感してしまった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品