ガブリエル・ゼヴィン

人物・団体ページへ

天国からはじまる物語

ガブリエル・ゼヴィン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784652077672
ISBN 10 : 465207767X
フォーマット
出版社
発行年月
2005年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,373p

内容詳細

マリリン・モンローは精神科の医者となった。ピカソはあくことなく絵を描き続けた。ジョン・レノンは若き庭師になった。そして、みんな赤ん坊になった…。温かな涙が流れ、人生が愛おしくなる感動の物語。〈受賞情報〉産経児童出版文化賞(第53回)

【著者紹介】
ガブリエル・ゼヴィン : 1977年ニューヨーク生まれ。ハーバード大学を卒業したのち、映画の脚本の仕事に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 白のヒメ さん

    15歳という若さで死んでしまった主人公。気が付くと大きな船に乗っている。一体自分はどこへ行くのだろう・・・。作者の考える死後の世界、そして輪廻転生の仕組み。この世とあの世は巨大な樹木のようなもので、地面を挟んで根っこと枝として繋がっているという感覚に非常に同意。この世では年を取って老人になり死に、あの世ではだんだん若返って最後は赤ん坊になってあの世を去るという設定も面白く腑に落ちるものになっていて感心した。生きていても死んでいても人生は結局続く・・・。心に温かい読後を残す良書。

  • 瑪瑙(サードニックス) さん

    人は亡くなった後、『ドコカ』に行き、普通に生活してだんだん若返っていき、赤ちゃんになって再び地上に帰っていく、という発想が面白いと思いました。主人公のリズはまだ15歳の若さで亡くなってしまった為、『ドコカ』での生活に馴染めない。それは生きていた時が幸せだったから。私なら、出来れば『ドコカ』でそのままずっと暮らし続けたいな。穏やかに静かになんの悩みも苦しみもなく。地上に生まれ変わりたくはない。今、心が風邪をひきかけているみたいなので、そんな風に思ってしまいました。心が元気な時に読み返したい。

  • ナリ さん

    大切にしたい一冊になりました。 水に耳を傾けたくなる。

  • あんず さん

    私の一番好きな愛おしい物語。16歳になる前に交通事故で死んでしまった女の子リズの「逆戻り」人生です。死んだ、といっても、この物語は不思議で「死」という暗い言葉も重たく感じることはありません。それは、話のあちこちにユーモアがちりばめられていて、全体的にあったかい雰囲気がするからだと思います。ー死は人生の折り返しに過ぎず、死後の世界もまた、自分の人生。主人公のリズは今生きている私たちと同じように、悩んだり笑ったり怒ったり恋をする。作中に出てくる「人間の一生は美しき混乱」という言葉がとても気に入っています。

  • ゆうか さん

    これはいい。本当に、純粋に気に入った。「だれかを愛したのなら、いつかはゆるさなきゃ」。なんて優しい言葉なんだろう。タクシーにはねられて死んでしまった少女が、辿り着いた天国で新たな幸せを見つけ、第二の人生を歩みだすお話。それにしても、この本に出てくる天国は発想がとても独創的で、それでいてきちんと成立しているので、設定から引き込まれてしまうことまちがいなし。そして、堀川さんの訳も秀逸だった。この本はきっと訳すのが大変だったと思うけど、すんなりと楽しく読めた。リズを見習って、若いことに執着しないようにしたいな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品