カロル・オコンネル

人物・団体ページへ

クリスマスに少女は還る 創元推理文庫

カロル・オコンネル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488195052
ISBN 10 : 4488195059
フォーマット
出版社
発行年月
1999年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,637p

内容詳細

クリスマスを控えた町から、二人の少女が姿を消した。誘拐か?刑事ルージュの悪夢が蘇る。十五年前に双子の妹が殺されたときと同じだ。そんなとき、顔に傷痕のある女が彼の前に現れた―「わたしはあなたの過去を知っている」。一方、監禁された少女たちは力を合わせ脱出のチャンスをうかがっていた…。巧緻を極めたプロット。衝撃と感動の結末。新鋭が放つ超絶の問題作。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
あまり女流のミステリは読まないのですが、...

投稿日:2010/02/15 (月)

あまり女流のミステリは読まないのですが、昨年末に発売された某ミステリ関連のBEST本のオールタイム100の中に選ばれていたので、どんなものかと手にとって見ました。ページターナーという感じではないのですが、登場する一人一人が、妙にキャラ立っていて、なんか引き込まれる作品でした。決してハッピーエンドではないはずなのに、読後に、奇妙な安らぎ(ネタバレにならないと思いますが、救済、というべきでしょうか)に包まれました。困ったことに、これを読んでしまったら、「氷の天使」以下の他作品も読みたくてたまらなくなってしまいました。

nasso さん | 岩手県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遥かなる想い さん

    2000年度ベストミステリ第6位のこの本は、確かに設定がうまく、今日的な話題をとりこみながら巧妙に 話を 進めている。15年前の少女殺人事件と 現代におきた少女失踪事件をからませながら、読者を惹きつけていく。ただし、ロバート・ゴダードの万華鏡のような世界の味を覚えた人には若干物足りないが…失踪事件というと、現代の世相から陰鬱なものを連想するが、さほど感じないないのは筆者の力量かもしれない。それにしても、『クリスマスに少女は還る』という題名は記憶に残る。

  • おしゃべりメガネ さん

    う〜ん、とにかく‘重厚’でした。ページ数も六百超と大作なのは一目瞭然でしたが、ひたすら重い内容でした。にもかかわらず、2日で読了できたのは、やはり作者の綿密なプロットが秀でているからでしょう。物語の流れに大きな波はあまりなく、派手な展開にもなかなかならないのですが、自分にしては珍しく海外モノにもかかわらず、人物名がすっと記憶され、キャラが多数でも混乱しなかったところにも作者さんの‘匠’が隠されているのでしょうね。あまりクリスマス感は伝わりませんが、じっくり読んで重厚な手応えは確実に得ることが出来ました。

  • buchipanda3 さん

    クリスマスを前に二人の少女が失踪した事件を追ったミステリ長編。結構な分厚さの作品だったが最後まで読み終えた時にはその長さなんて吹っ飛んでいた。一気に込み上げてくるある感情。正直油断してた。物語は現在と過去の事件の関係性や犯人の目的は何か、さらに少女たちはどうなる、と気になる展開。そんな中、みんなで野球を始める場面やサディーの母親が彼女を表した言葉が何気に印象深かった。少女らをそれぞれの思いで探す人たち、待ち続ける人たち。二人でと望む少女たち。これはまさに願いが込められたドラマだったと思う。題名が胸に響く。

  • 勇波 さん

    長い間積んだままにしてあった本作、四苦八苦しながらもようやく読了です。久々の海外小説というのもあって中々読み進まず、珍しく挫折しかけました。終盤に「衝撃」っつう帯を信じ一気に最後まで。物語中サディのキャラに惹かれるもその他大勢に中々入りこめなかった。海外小説経験不足を改めて痛感。。レベルアップして他の読者さんと同じ感動を味わえるようなりたいものです★

  • bookkeeper さん

    ★★★★☆ 再読。クリスマスの数日前に誘拐された2人の少女。ホラーと悪戯が大好きなサディーと、お金持ちで美少女のグウェン。仲良しの2人は手を取り合い、励まし合いながら脱出を試みる。 600Pを超える分厚さ。登場人物の多さと濃さ。おまけにあらゆる仕草や心情も丹念に追う描写。読みにくい…。ちっとも進まない。でも健気な2人が無事であります様にと応援したくなり、ラストで切ない感動に飲み込まれます。そこまで、なんとか頑張って読み進めよう。 「わたしが保証します。みなさんはあの子を愛さずにはいられなくなるわ」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド