カルロ・ロヴェッリ

人物・団体ページへ

すごい物理学入門 河出文庫

カルロ・ロヴェッリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309467238
ISBN 10 : 4309467237
フォーマット
出版社
発行年月
2020年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
150p;15

内容詳細

『すごい物理学講義』や『時間は存在しない』で世界的にベストセラーを誇る天才物理学者ロヴェッリの最初の邦訳書、ついに文庫化。難解な物理学の全容を世界一わかりやすく説明した名著。


著者
カルロ・ロヴェッリ (ロヴェッリ,カルロ)
1956年イタリア生まれ。ボローニャ大学で物理学を専攻、欧米各地の大学で教鞭をとる。現在、エクス=マルセイユ大学理論物理研究室。専門はループ量子重力理論。『すごい物理学講義』『時間は存在しない』など。

竹内 薫 (タケウチ カオル)
東京大学理学部物理学科卒、マギル大学大学院博士課程修了。NHK、Eテレ「サイエンスZERO」など、サイエンス作家として科学の面白さを伝え続ける。『自分はバカかもしれないと思ったときに読む本』など多数。

関口 英子 (セキグチ エイコ)
大阪外国語大学イタリア語学科卒業。翻訳家。児童書やノンフィクション、映画字幕までイタリア語の翻訳を幅広く手がける。『古代ローマ人の24時間』『コカイン ゼロゼロゼロ』『マルコヴァルドさんの四季』など。

【著者紹介】
カルロ・ロヴェッリ : 1956年、イタリアのヴェローナ生まれ。ボローニャ大学で物理学を専攻、パドヴァ大学大学院へ進む。その後、ローマ大学、イェール大学、トレント大学などを経て、ピッツバーグ大学で教鞭をとる。現在は、エクス=マルセイユ大学の理論物理学研究室で、量子重力理論の研究チームを率いる。専門は「ループ量子重力理論」で、世界の第一人者

竹内薫 : 東京大学理学部物理学科、マギル大学大学院博士課程修了。NHK番組「サイエンスZERO」など、サイエンス作家として科学の面白さを伝え続ける

関口英子 : 埼玉県生まれ。大阪外国語大学イタリア語学科卒業。翻訳家。児童書やノンフィクション、映画字幕までイタリア語の翻訳を幅広く手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
「すごい」と銘打っているだけあって、本当...

投稿日:2021/02/22 (月)

「すごい」と銘打っているだけあって、本当にすごい本だと思います。いっぱんには非常に難解な学問であるとされている物理学ですが、初学者にとってもどこかロマンを感じさせるような不思議な構成になっています。一気に読めてしまうと思います。

Ein さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ロア さん

    物理とは何か?哲学や科学史までをも広く俯瞰した上で一つの「流れ」としてとらえ、物理のはじめの一歩を「7つの講義」で優しく説いてくれます。予想外の方向へ向かう最終講義は必読!自然から歪に乖離していく人類の現状をただ見ている事しか出来ない自分の不甲斐なさも相まって、新年早々号泣。゚(゚´Д`゚)゚。泣いてるだけじゃ何にも始まんねーぞ!

  • 西 さん

    すごい物理学講義、が平積みされてて、そっちに興味があったけど、理解できるか不安で、短そうなこちらに手を伸ばして読んだ。科学とか物理とか、理解できなくても感じられる面白さがここにはあると思う。福岡伸一さんの本を読んだ時の面白さと同じ。文系で、からっきし理系が苦手だけど、科学にロマンというか哲学的な面白さを感じる者には、大変面白い話。理解できなくても面白い。私もほんの少しずつだけど知に近づいている感じはする

  • tetsu さん

    ★5 イタリア人の書いたベストセラーになった物理学の入門書。難解な物理を、誰もがわかる平易な言葉で詩的に語る本。訳者の関口英子さんも素晴らしいのだろう。とても分かりやすく日本でいうと村山斉や福岡伸一などか。 『熱が時間の流れを生む』と『自由と好奇心』の章が特によかった。 宇宙から人間に関する考察まで教養溢れる良書でおすすめの一冊。読書の醍醐味ですね。

  • kubottar さん

    文系頭にとってはかなり難しいので、ゆっくり読むことを推奨します。

  • Ryuya Matsumoto さん

    この世界は物質ではなくて出来事から成っている。時間の正体は熱の移動。世界の見え方がどんどん変わっていきました。そして何より、物理学を学ぶことも、音楽を学ぶことも同じこの世界の美しさを理解しようとすることだという姿勢に共感。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

カルロ・ロヴェッリ

1956年、イタリアのヴェローナ生まれ。ボローニャ大学で物理学を専攻、パドヴァ大学大学院へ進む。その後、ローマ大学、イェール大学、トレント大学などを経て、ピッツバーグ大学で教鞭をとる。現在は、エクス=マルセイユ大学の理論物理学研究室で、量子重力理論の研究チームを率いる。専門は「ループ量子重力理論」で

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品