CD 輸入盤

カラヤン1960s(82CD)

カラヤン、ヘルベルト・フォン(1908-1989)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4790055
組み枚数
:
83
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


KARAJAN 60
カラヤン1960s(82CD)
60年代にDGが制作したカラヤン・アルバムのコレクション
オペラ以外の全録音を網羅! OIBPリマスター!

カラヤンがドイツ・グラモフォンで1960年代に制作したアルバムをまとめた82枚組ボックスセット。対象はオペラ以外の録音すべてとなっており、1959年の『英雄の生涯』と『ハンガリー舞曲集』、『スラヴ舞曲集』のほか、1971年の『ミューズを司るアポロ』、1973年のR.シュトラウス:ホルン協奏曲第2番も含まれ、さらに指揮者なしのベルリン・フィル団員による演奏(CD70、72)も収録されています。
 セットの体裁は、なるべくオリジナルの通りにジャケット・デザインを含めて再現するというもので、各ディスクには、ORIGINAL-IMAGE-BIT-PROCESSINGと表示され、美麗な紙ジャケットに封入、豪華200ページのブックレットには1962年から1983年までベルリン・フィルの黄金時代を支えたコンサートマスター、トーマス・ブランディスによる興味深い逸話が多数含まれるインタビュ一記事、カラヤンの指揮姿の写真などが掲載されています。
 欧州楽壇に君臨したこの頃のカラヤンの演奏は自信にあふれた見事なものばかりで、昔のベルリン・フィルならではの味わい豊かなサウンドが、安定したステレオ録音で収録されて音質も良好。しばらく入手困難だった音源も多いため、今回のドイツからのリリースは朗報です。(HMV)


【収録情報】

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Der Held
  • 02. Des Helden Widersacher
  • 03. Des Helden Gefahrtin
  • 04. Des Helden Walstatt
  • 05. Des Helden Friedenswerke
  • 06. Des Helden Weltflucht und Vollendung

ディスク   2

  • 01. No.5 in g
  • 02. No.6 in D
  • 03. No.17 in c sharp
  • 04. No.3 in F
  • 05. No.1 in g
  • 06. No.20 in e
  • 07. No.19 in h
  • 08. No.18 in D
  • 09. No.1 in C op.46-1
  • 10. No.10 in e op.72-2
  • 11. No.3 in A flat op.46-3
  • 12. No.16 in A flat op.72-8
  • 13. No.7 in c op.46-7

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
42
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
完璧です。非の打ち所がないです。 ジャケ...

投稿日:2016/11/26 (土)

完璧です。非の打ち所がないです。 ジャケットもオリジナルドイツグラモフォンを思わせる発色で丁寧です。 箱がしっかりしていて上から見て卍型に並べるのも良いアイデアです。 昔はカラヤンのレコードを買うのが習慣になっていまして、 気がついたらCDはあまりにもカラヤンを持っていないのに驚きました。 久しぶりにカラヤンを堪能していますが、さすがにすばらしい演奏ですね。 一世を風靡し今なお人気なのも頷けます。独特な魅力がありますね。 どのジャンルのどんな曲もすばらしいです。 とくに手兵ベルリンフィルだからなおさらです。 録音は残響の多い’70よりこちらの方が好きです。 例えばブラームスの交響曲。 1812年はドンコサック合唱団を加えてこの曲としては非常に 芸術性の高いものになってるのはカラヤンらしいです。 初めて買ったクラシックレコードもカラヤンで青きドナウの入った シュトラウス集でした。懐かしいジャケットがそのまま再現されています。 ディヴェルティメントがまたカラヤン独特ですね。 シベリウスの交響曲が上手い!どれを聴いてもほれぼれします。 ミシェル・シュバルベ、ローター・コッホ、カール・ライスター、 ゲルト・ザイフェルト、レオン・シュピーラー、トーマス・ブランディスなど 毎度おなじみの名手が懐かしいです。 カラヤンファンならこのアルバムは絶対に欠かせませんね。 丁寧な企画、出来の良さに感心しています。 最初は高いなと思いましたが、今は当然の価格だと思います。 ’70も欲しくなりました。 カラヤンはこのシーリーズを持ってればほぼ完璧ではないでしょうか。 こういう企画を他のアーティストでもやって欲しいものです。 さすがドイツグラモフォン。

alouetlejeune さん | 福岡県 | 不明

1
★
★
★
★
★
あまりの素晴らしさに圧倒されました。作品...

投稿日:2015/01/11 (日)

あまりの素晴らしさに圧倒されました。作品群の素晴らしさ、商品としての素晴らしさ、そこには「この破壊的な価格にして」という絶対的な背景がベースにありますが・・・ クラッシク初心者ゆえ作品の内容は皆様のレビューにお縋りするとして、興奮のあまり、商品の素晴らしい内容についてだけでも触れたいと思います。購入したのはEU盤です。200Pのブックレットは対訳が英語・ドイツ語・フランス語の3つ、日本語はありませんが作品毎のトラックリスト、作曲者別索引、若き日のカラヤンの挿入スナップなど、それなりに楽しめます。そして鑑賞時には貴重なデータとなります。オリジナル・セッション・レポートと言うのもA4表裏5枚付いてます。このBOXの目玉はやはりオリジナルジャケットですが、それがとても貧弱なのです。ジャケット表面に光沢はありますが、紙が葉書より薄く、表と裏を背中で折って上下のり代で貼り付けたもの、従ってシングルスリーブの入り口は紙の切断面そのもの。ちょっとがっかり、でも次から次へと聞いていくうち、とても出し入れし易くCDにも傷が付きにくい事が分かり、その使い勝手の良さに段々と愛着がわいてきました。紙ジャケの最大の欠点は出し入れしにくい事ですからね。それにしてもジャケットを眺めながら鑑賞するときの至福たるやありません。やはりオリジナルジャケットは格別です。特に60sはジャケットに絵画が多く、美術館の展示作品カタログを眺めるようでとても楽しい。CDはリマスターされており音質的にも全く問題ありません。音には好みがありますが、私にはとても満足のいくものでした。 ロックに始まりジャズを経て最近クラッシクと出会い、LP・CDと音楽を聴き続けてきて40年、これほどCPに優れ内容の充実した商品は「マイルス・デイビス/コンプリートBOX」以来ですが、カラヤンには70s、80sと同じ量のBOXセットが続くことを考えると、その偉業が際立ちます。とても心が豊かになれた約60時間でした。きっと続きのBOXにも触手が伸びることでしょう。

C ビギナー さん | 大阪府 | 不明

4
★
★
★
☆
☆
LPジャケットの再現に拘ったあまり、裏面...

投稿日:2014/07/10 (木)

LPジャケットの再現に拘ったあまり、裏面の曲名が見にくいというご指摘がありましたが、同様の観点から減点ポイントをもうひとつ。ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱」と第8番ですが、CD12に第9番の第3楽章迄、CD13に第9番の最終楽章と第8番が納められています。私はLPを持っていないので推測ですが、おそらくLP2枚組の1枚1枚をそのままCDにしたのでしょう。せっかくCDには第9番がまるまる収まるのに、LPジャケットの再現に拘るあまり分割収録するなんて、、、。LP時代に聞いていた方は「懐かしい!」と喜んで、CDチェンジされるのかな?(笑)。ショルティの同様のBOX「ショルティシモ2」では、マーラーの交響曲第5番と歌曲のLP2枚組が、交響曲と歌曲でそれぞれCD1枚に収められています。これによって、歌曲の方はCDとしてはすごく収録分数が少なくなりますが、CD1枚に収まる交響曲を分割されるよりはいいでしょう。ちなみにこちらはLPジャケット裏面の再現はしていません。演奏、音質、CPはみなさんと同様に高く評価しています。こんなことを思うのは、時間が長いクラシック曲を、LPでほとんど聞いていないからでしょうか(笑)。

star さん | 茨城県 | 不明

8

カラヤン、ヘルベルト・フォン(1908-1989)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品