オーガスト・ダーレス

人物・団体ページへ

クトゥルー 13 暗黒神話大系シリーズ

オーガスト・ダーレス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784878923081
ISBN 10 : 4878923083
フォーマット
出版社
発行年月
2005年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,380p

内容詳細

稀覯書に記された戦慄の呪文を弄んだ男の末路を描く「エリック・ホウムの死」。古びた古書店に仕掛けられた深淵からの罠「本を守護する者」。百五十年ぶりに発掘されたサン・ザヴィエル伝道本部の失われた瞳にまつわる怪事件を描いた「恐怖の瞳」。海辺の寒村ケイルズマスを訪れた医師の運命の物語「緑の深淵の落とし子」など、九篇を収録。さらに「ラヴクラフト書簡より」「クトゥルー画廊」など資料も多数掲載した暗黒神話大系シリーズ最終巻。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 南註亭 さん

    アンソロジーシリーズの最終巻。やはりクトゥルー神話に、書物・手記・日誌などは欠かせないアイテムになっている。シリーズ全体にいえるが、アイテム頼りというかアイテムに負けているというか、そういう傾向も見受けられる。巻末の資料と全巻の作品一覧は参考になるし便利でもある。山田章博氏のカバーイラストも良い。 オススメ度 ☆☆☆☆

  • いいほんさがそ@徐々に再起動中(笑) さん

    **注)ホラー**クトゥルーネタの小説読解の為に13巻目読了。青心社のクトゥルー全集の最終巻である本作。やはり、最大の見所は、ボリューム満点の巻末資料。この資料編がかなり分厚く、写真や絵も豊富でファンにはありがたい。ホラーからラブコメまで出ているクトゥルー小説を読解したい方にお勧めします。

  • demoii さん

    まずここまで読んでこれたことがとても嬉しい。深きものどもは水没したルルイエの周りをイルカの群れが泳ぐ姿を想像できてよかった。でもこれからはイルカやクジラが知的だと言われるたびに思い出しちゃいそう。遥かな地底でも都市をの地下を舞台していて想像たくましくしちゃうものだった。今は読み終わってしまった寂しさよりも最後にたどり着いた高揚感が大きい。でもまだ入り口にすぎないんです

  • いきもの さん

    所収:彼方からあらわれたもの オーガスト・ダーレス、エリック・ホウムの死 オーガスト・ダーレス、遙かな地底で R・B・ジョンスン、本を守護する者 ヘンリイ・ハーセ、哄笑する食屍鬼 ロバート・ブロック、ブバスティスの子ら ロバート・ブロック、恐怖の鐘 ヘンリイ・カットナー、緑の深淵の落とし子 C・ホール・トムスン、深きものども ジェイムズ・ウェイド    やっと終わったー。

  • マコト さん

    クトゥルー短編集最終巻。私は「ブバスティスの子ら」と「深きものども」が好きです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

オーガスト・ダーレス

オーガスト・ウィリアム・ダーレス。1909年ウィスコンシン州ソーク・シティ生まれ。地元の高校、大学を卒業後もその地にとどまり、生涯をウィスコンシン州で過ごした。H・P・ラヴクラフトに心酔したことを契機に39年、出版社アーカム・ハウスを設立。アメリカの怪奇小説の発展に尽力した。そのかたわら、おびただし

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品