ボヘミアン・ラプソディ オフィシャル・ブック BOHEMIAN RHAPSODY THE INSIDE STORY THE OFFICIAL BOOK OF THE MOVIE

オーウェン・ウィリアムズ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784801916456
ISBN 10 : 4801916457
フォーマット
出版社
発行年月
2018年10月
日本
追加情報
:
160p;28

内容詳細

この本に収められた貴重な瞬間の数々が、世界にフレディ・マーキュリーとして知られる唯一無二のファルーク・バルサラがこの世に生きていた永遠の証となること、それがぼくたちの願いである。
――ブライアン・メイ


映画『ボヘミアン・ラプソディ』の製作過程を通じてあかされる、伝説の人物たちの真実の姿と秘められたエピソードの数々――。
収録写真総数170点で綴るオフィシャル・ブック!

常識を打ち破る、恐れを知らない生き様が〈永遠〉に響く――
伝説のバンド〈クイーン〉の28曲の名曲にのせて贈るミュージック・エンタテインメント
ワンフレーズを耳にすれば心が躍りだす名曲で世界中を魅了する伝説のバンド〈クイーン〉のリード・ヴォーカルにして史上最高のエンターテイナーと讃えられたフレディ・マーキュリー。名もなき若者だった彼が、生涯のファミリーとなるバンドメンバーと出会い、常識を打ち破る革新的な音楽を生み出しスターダムを駆け上がる。しかし栄光の影で世間やメンバーとも衝突し、愛と孤独、プレッシャーに引き裂かれていく。崩壊寸前だったバンドが挑む20世紀最大のチャリティ音楽イベント“ライヴ・エイド”。永遠に語り継がれるラスト21分のパフォーマンスにこめられたフレディとメンバーの想いと秘められた真実が観る者の魂を熱く震わせる――。

■目次
序文 ブライアン・メイ&ロジャー・テイラー
第1章 魔法のようなもの(ア・カインド・オブ・マジック)/脚本からスクリーンへ
第2章 落ち着きを失うな(ドント・ルーズ・ユア・ヘッド)/フレディ・マーキュリー
第3章 伝説のチャンピオン(ウィー・アー・ザ・チャンピオン)/キャストたち
第4章 楽しませてあげる(レット・ミー・エンターテイン・ユー)/衣装、ヘア&メーキャップ
第5章 ショウは続く(ショー・マスト・ゴー・オン)/セット
第6章 おまえたちを揺さぶってやる(ウィ・ウィル・ロック・ユー)/音楽


★映画『ボヘミアン・ラプソディ』2018年11月9日(金) 公開[配給:20世紀フォックス映画]
監督:ブライアン・シンガー/出演:ラミ・マレック、ルーシー・ボイイントン、グウィリム・リー、ベン・ハーディー、ジョゼフ・マゼロ、エイダン・ギレン、トム・ホランダー、マイク・マイヤーズほか"

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • うろん さん

    ボヘミ・ラプソディのオフィシャル本。映画を観て号泣しました。泣きすぎて頭痛がするくらいです。フレディ、そしてQueenと同時代に生きられたことに感謝。 ラストのライブ・エイドは、瞬き厳禁。

  • まい さん

    【2019.1&2019.2(IMAX) 映画鑑賞済】

  • おーちゃんママ さん

    映画観る直前に本屋さんにて「へぇー、こんな本あるんだ〜。でも高いな…」。そして映画鑑賞後、「いますぐあれを買いに行かなきゃ!!」ということで買ってしまいました。明日はフレディメモリアルデー…また開いて鑑賞します。(T_T)

  • miaou_u さん

    QUEENの素晴らしさは言うまでもない。私ごときが語るのもおこがましい。映画館で感涙した後で、このオフィシャルブックを捲ると、あの迫力の素晴らしいLive Aidのシーンは、そのように撮られたのねー!!とか、衣装、セット、小物、当時を再現する工夫なども垣間見られて大変面白い。ブライアン・メイがいかに人格者でらっしゃるのかも、キャストのインタビューでの撮影秘話から伝わってくる。フレディの最後の恋人はフレディから感染したことを生涯明かさなかったのだとか。涙。(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

  • 参謀 さん

    クイーンとそのボーカル、フレディ・マーキュリーを題材にした映画『ボヘミアン・ラプソディ』のオフィシャル本。昔はクイーンの衣装などから嫌いだったのですが、楽曲を知るとそれは全く気にならない凄いバンドだということを思い知らされました。そのバンドの楽曲をふんだんに使い、ライブパフォーマンスも映画では見せてくれるみたいです。かなり見に行きたいと思っています。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品