オリヴァー・サックス

人物・団体ページへ

タングステンおじさん 化学と過ごした私の少年時代 ハヤカワ・ノンフィクション文庫

オリヴァー・サックス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150504724
ISBN 10 : 4150504725
フォーマット
出版社
発行年月
2016年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
464p;16

内容詳細

のちに脳神経科医になるサックス先生は子供のころ、化学に夢中だった。いつも指先を粉塵で黒くして、金属をはじめとする物質の化学的な振舞いの面白さを説き語ってやまないおじ、「タングステンおじさん」がいたからだ…サックス先生が暖かな家族に囲まれて科学への憧れを育んだ楽園の日々が、ノスタルジー豊かに綴られる。同時に化学の発展史が一風変わった切り口から紹介される、出色の自伝的エッセイ、待望の文庫化。

目次 : タングステンおじさん―金属との出会い/ 「三七番地」―私の原風景/ 疎開―恐怖の日々のなかで見つけた数の喜び/ 「理想的な金属」―素晴らしきタングステンとの絆/ 大衆に明かりを―タングステンおじさんの電球/ 輝安鉱の国―セメントのパンと鉱物のコレクション/ 趣味の化学―物質の華麗な変化を目撃する/ 悪臭と爆発と―実験に明け暮れた毎日/ 往診―医師の父との思い出/ 化学の言語―ヘリウムの詰まった気球に恋して〔ほか〕

【著者紹介】
オリヴァー・サックス : 1933年、ロンドン生まれ。オックスフォード大学を卒業後、渡米。脳神経科医として診療を行なうかたわら、精力的に作家活動を展開し、優れた医学エッセイを数多く発表する。2007〜2012年、コロンビア大学メディカルセンター神経学・精神医学教授、2012年からニューヨーク大学スクール・オブ・メディシン教授を務める。2008年に大英帝国勲章コマンダーを受章。2015年死去

斉藤隆央 : 1967年生、東京大学工学部工業化学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • thayami さん

    興味を育む座学と”実験”環境。疑問を持ち、問うことが許されることが、脳を解き放つ!塩とガスの炎によるキッチンでの母親の”即興”実験は、特に印象的。金属、光、熱・・・そして数字。科学の歴史に垣間見る著者の半生といっても過言でもない。加えて、素数好きの著者に共感。但し、「バスの乗車券」収集と周期表を空想・・・、流石にマニアックすぎる。(笑)興味深いのが、医学への転換。天才の思考と凡才の私の思考は異なって当然も、心の通う家族の温かみが常に伝わってくる。恐らくこれがキモなんだろうなぁ。

  • ケニオミ さん

    ちょうど読む本がなかったことと、職場で借りられる本だったことで読むことにしました。もちろんオリヴァー・サックスのファンであることもです。若い頃のサックス先生がこれ程までに化学に入れ込んでいたとは知りませんでした。化学の話は斜め読みし、先生の家族について描かれているところを中心に読みました。理研の科学道100冊の1冊に選ばれるだけの内容でしたが、やはりサックス先生は心理学関係の内容の著述の方がより魅力的だと思います。(自分が心理学で学位をとっていることが多いにあり。)残ながらこれでサックス先生も卒業かな?

  • REI さん

    サックス先生の子どもの頃からの鋭い洞察力と熱意に圧倒される。「脳神経科学と化学、何か繋がりがあったのかな?」と疑問に思いつつ手に取った本。その直接的な答えは、本書からはわからないものの、サックス先生の素晴らしい情熱と人格が形成されてゆく過程がいきいきと語られていた。最終章の喪失感のようなものは切ない。自伝の「道程」も読んでみたい。

  • ちーたん さん

    すごく面白んだけど、なかなか読めない本。親族がすばらしかったので、いい環境での子ども時代を過ごせたと思うけど、戦前戦後の時代だから決して楽ではなく、楽しい子どもの頃の思い出を書いてくれたのだと思う。化学の美しさは伝わってきたけど、周期表で楽しめることが分からない。他の本も読んでみようと思う。出会えて良かった本。

  • Hk-γ さん

    子供の頃から、親しい人々から知識と愛情を沢山受けたサックスの知的探索記。元素から始まり、炎色反応がもたらす鮮やかな情景、化学実験に奮闘した日々、それから広がるまた新たな学問の世界。そして青春の背後を不気味な通奏低音のように戦争が横たわる。もしかして暗い戦中を光明をもたらしたのは、温かな愛情と、知的な冒険心、それと次の日は必ずよくなるというサックス特有の楽観的ユーモアだったのだと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

  • 【特集】読んで学ぶ・知る「新型コロナウイルス」「感染症」 今読まれている、新型コロナウイルス・感染症関する本。ベストセラー/医学系専門書/文芸・新書などをご紹介。 |2020年05月11日 (月) 11:30
    【特集】読んで学ぶ・知る「新型コロナウイルス」「感染症」
  • 【特集】医学・看護・薬学専門書籍 イヤー・ノート、クエバン、今日の治療薬など、医学・薬学・看護系を目指すのに欠かせない、医学・医療系専門書をご紹介。 |2020年04月09日 (木) 00:00
    【特集】医学・看護・薬学専門書籍
  • BLSヘルスケアプロバイダーコースの本 病院の内外で実践できる,個人およびチームのBLSスキルを指導する『BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル』のほ... |2016年02月10日 (水) 16:45
    BLSヘルスケアプロバイダーコースの本
  • 神経学を学ぶ学生必携の書 画像検査から緩和ケアまで、最新の内容を盛り込み、神経学の教科書として時代に即した内容が自慢の『臨床神経内科学』。本改... |2016年02月10日 (水) 16:33
    神経学を学ぶ学生必携の書
  • 内科、外科1700疾患を1冊に凝縮 多くの病棟で常備され,看護師をはじめ,様々な医療従事者に利用されている『イヤーノート 2017 内科・外科編』。認定... |2016年02月10日 (水) 16:23
    内科、外科1700疾患を1冊に凝縮
  • 3種類から選べる『理科年表』 自然科学を全分野にわたって集約した「自然界の辞典」ともいえる『理科年表 平成28年』。通常版のほかに、文字が大きく読... |2016年01月13日 (水) 17:16
    3種類から選べる『理科年表』

おすすめの商品