終末のワルキューレ異聞 呂布奉先飛将伝 2 ゼノンコミックス

オノタケオ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784867201695
ISBN 10 : 4867201693
フォーマット
出版社
発売日
2020年09月19日
日本
追加情報
:
160p;19

内容詳細

反董卓連合軍VS呂布奉先の虎牢関の戦い最高潮‼10万の敵軍が迫る中、呂布奉先は単騎出撃する‼そして、戦いの勝敗を一騎打ちにて決さんという呂布の号令に対し、続々と現れる猛将たち。ここに中華最強の誇りを賭けた前人未踏の10人連続一騎打ちが始まる‼

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おおたん さん

    こんな人間がいたのか!?と思わせる内容。強い。この一言。◆好きなフレーズ「呂布に対して。その武を知らぬ者は嗤い、その武を知る者は戦慄する」◆メモキーワード「孫堅の背中。将が兵を我が子のように思えば、兵は将と運命をともにできる」

  • ぴっころ さん

    黒槍無双。トーナメント初戦で最強に当たってしまった不運みたいな感じでしたね

  • 洪七公 さん

    呂布VS孫堅

  • 甘栗 さん

    [レンタル]呂布、伝説の10人一騎打ち。最後の堅パパ待ち。なにげの、祖茂の(出てるだけで)死亡フラグ感ハンパないなぁ。「頂点(てっぺん)」とか、本編を彷彿とさせるトコなんぞは、シブくうれしい。

  • せいきちろう さん

    「視卒如愛子 故可与之倶死」 孫堅文台 ついていきたくなるカッコよさ。憧れの主従関係。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品