オットフリート・プロイスラー

人物・団体ページへ

クラバート 下 偕成社文庫

オットフリート・プロイスラー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784038506000
ISBN 10 : 4038506002
フォーマット
出版社
発行年月
1985年06月
日本
追加情報
:
19cm,223p

内容詳細

水車場でつぎつぎとおこる不可解な出来事、仲間の死。クラバートは村の少女の愛を力に、親方と対決の時をむかえる。ヴェンド人の伝説をもとに愛と解放をうたいあげた、プロイスラーの傑作。

オトフリート・プロイスラー
1923年ボヘミア(現在のチェコの北西部)生まれ。第二次大戦後ドイツ南部に移り、小学校教師・校長を務める。’70より執筆に専念し、全業績に対し国際アンデルセン賞作家賞推薦を受ける。代表作に《大どろぼうホッツェンプロッツ》シリーズ、『クラバート』などがある。2013年逝去。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 美紀ちゃん さん

    一目惚れ。見ただけで、すごい執着心なのが不思議だけれど、必ず最後に愛は勝つ。ユーローに協力してもらい娘の愛の力で親方に勝ったクラバート。友情とか愛情などが、自分を支配する苦しいものから救ってくれる助けになる。そんな話でした。ジブリでアニメ化したら、きっと面白いと思う。

  • りー さん

    「千と千尋の神隠し」のモデルになったとも言われる箱庭ファンタジー。なるほど、これがあのジブリ傑作映画の大本なのかと調べてみたら、この『クラバート』が既にクラバート伝説っていう昔話を元にして作られた物語だった。魔法を使って天候を変えたり変身したりやりたい放題の世界観なのだけれど、ハリーポッターとは違って箱庭が狭すぎるためかワクワク感があまり無く、その世界観の核心とも言える部分にも触れられないまま物語が終わってしまったり、色々と「惜しい」作品だった。骨子は面白いんだけどなぁ。

  • カラスノエンドウ さん

    再読。圧倒的な力と悪しき慣習にどう向き合うのか‐見て見ぬふりをする者、上手くかわして生きる者、そして密かに爪を研ぐ者… 以前読み終えてから会社への心持ちが変わりました。オーバーかもしれませんが、私にとっては生きる力を与えてくれる作品で、どうやら仕事で悩む時、手に取るようです。水車場の親方を上司に置き換えて読んでいるつもりはないのですけど(苦笑)

  • 鮎 さん

    まるでロシア文学のような閉塞感と抑圧された小世界、歯車を回しながら自らもその一つとなって働く職人たち。用を成さない部品は廃棄され、空いたベッドはじきに埋められる。繰り返される年中行事とそこへ組み込まれていく少年クラバート、3年目に訪れる転機。恐怖の支配者である親方は魔法の師匠でもあり、反逆は魔法の喪失を意味する。一筋縄ではいかないその利害関係に硬直した水車小屋の秩序を破壊する、たったひとつの方法。唯一そこだけロマンチックなのに、少女の名前すら明かされず終いという徹底ぶり。ラストはやや呆気ないように思った。

  • ぷーきん さん

    12歳から。予想に反してハッピーエンドでしたが、謎のままの部分も…それは、伝承のクラバート伝説をもとに、この物語が書かれたからなのでしょうね。解説によると、伝説ではクラバートが水車小屋を出たその後のお話もあるとか。読むのが苦しい作品ですが、逆に労働こそ修業ととれて、どこか佛教的な感じも受け取れました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品