オキシタケヒコ

人物・団体ページへ

この商品の関連特集

筺底のエルピス 6 四百億の昼と夜 ガガガ文庫

オキシタケヒコ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784094517729
ISBN 10 : 4094517723
フォーマット
出版社
発行年月
2019年01月
日本
追加情報
:
496p;16

内容詳細

殺戮因果連鎖憑依体―。古来より「鬼」や「悪魔」と呼ばれてきた殺意の媒介者。それを狩るゲート組織の過去には、時空改変システムをもたらした異星知性体の謎が横たわっていた。前途ある若者たちがその解明に挑もうとする中、式務の一員となった百刈圭もまた、鬼狩りの組織が目指すべき新たな標を求め、不死者の首魁“プロフェッサー”が待つ地へと旅立つ。そんな彼らの前に姿を現す、あまりにも巨大な星界の影と、この世の悲痛な真実とは。人類の存亡をかけた、影なる戦士たちの一大叙事詩。終わりが始まる、継続の第6弾。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まりも さん

    悲痛な真実が明かされると共に終わりが始まるシリーズ第6弾。圧巻、そして驚嘆。筐底のエルピスという物語が持つ圧倒的なスケールのデカさに限界は無いというのか。暴力的な情報量と怒涛の展開に圧倒され一瞬で読み終えてしまった。この作品は各巻で圧倒的な世界観による衝撃の真実と凄まじい面白さで読者を魅了してきたが、6巻のそれはこれまでを遥かに超えている。読んでいて鳥肌が立つレベルの面白さだった。スケールが壮大になるのと比例して、絶望も大きく覆し難いものになっているが、足掻き続けた先に何が待っているのか。Ωが待ち遠しい。

  • chiseiok さん

    凄い凄いオキシタケヒコ。6巻目にしてこの密度このボリューム、そして更に冗長展開は一切無し。紛れもなくラノベであると同時に、紛れもなく超骨太超大河超伝奇超SF。ライトノベルなのに全然ライトじゃ無いw。今回のゲート組織の鼎談やら門部の勉強会やらで朧気に見えてきたこの世界の真の姿、伝奇好きにはもう堪らんです。え?めっちゃ地獄やん!と思えたあの状況が、実はほんの一部、ほんの序の口に過ぎないと!?…という絶望感ぱんぱんの展開。視点のズームと価値観のシェイクで眩暈がするこの感じ、半村良『妖星伝』を思い出しますなぁ。

  • 本の蟲 さん

    再読。組織の成り立ちと真の目的、異星知性体の正体が暴かれつつある現行最新刊。創元社の書き下ろしアンソロもあるし、7巻はしばらく先になりそう。次巻では「鬼」について触れられるみたいだけど、その前に人類終了のお知らせ、どうするんだ? 解明編にしてクライマックスな感じ。それにしても人類の「〇〇〇」が物語のきっかけになってるって、これ以上ないサイエンス・フィクション。個人的に師匠と決別した百刈の、本来の停時空間が気になる。心のモジュール化はエンブリオと同じ特殊な形で発現すると思うんだけど…。

  • 真白優樹 さん

    圭が不死者の軍勢のトップとの交渉へ出向く中、星の陰に潜む真実が明らかとなる今巻。 継続、この言葉がこれ程までに重く感じるのは気のせいではない。幾多の絶望の記憶、その情報の濁流が容赦なく攻め寄せてくる巻であり、誰かが背負ってきた希望と絶望が示され、今というかけがえのない時間を続けていく覚悟が示される中、動き出す絶望が終わりを仄めかしてくる、終わりの予感がのしかかってくる巻である。だけど、それでもと叫ぶ者達。この大きな世界の中の彼等は、絶望に続く道に希望を示せるのだろうか。 次巻も早く読みたいものである。

  • hexia さん

    作者の構想力に驚かされる▼前巻までで捨環戦の悲惨さを見せつけておいて、「本当の歴史ですら、地球外知性の仕掛けた捨環戦だった」とさらに一段広げたうえでさらなる絶望に落とすとか、なんという構想力だろう。また、重要キャラの名前に仕込みがあったとか、ゲート組織の規模が歪なこととか、最初からこの規模で構想していないと理由が付けられない。緻密な設定と奔放な想像力が織りなす、極上のSFである▼ただ、作者が合理性を重んじる故か、宗教を無知蒙昧なものとして扱っているのが気になる。千年枢機卿猊下の今後の活躍に期待大である

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

オキシタケヒコ

1973年徳島県生まれ。ゲームプランナー、シナリオライターとして、多くのコンピュータゲームの開発に携わる。2012年「プロメテウスの晩餐」で第3回創元SF短編賞優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品