エーリヒ ケストナー

人物・団体ページへ

ふたりのロッテ ケストナー少年文学全集 改版

エーリヒ ケストナー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784001150568
ISBN 10 : 4001150565
フォーマット
出版社
発行年月
2006年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,204p

内容詳細

別々に育ったふたごの姉妹ルイーゼとロッテが、ある夏のスイスの林間学校で偶然出会う。父と母の秘密を知ったふたりは、別れた両親を仲なおりさせるために、きばつな、けれども綿密な計画をたてる。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • NAO さん

    【女祭り】で久しぶりに再読。両親の離婚で別れ別れになっていた一卵性双生児ながら、環境と育てた親の気質の違いで、かなり性格がちがってしまっている姉妹の描き分けが面白い。父は好きだが母との新しい生活を満喫しているルイーゼと、父は好きだが母を思ってホームシックになるロッテ。どちらかというと二人とも母親びいきなのは、ケストナーの環境からくるものだろう。健気で働き者のロッテの姿は、そのまま少年ケストナーの姿でもあったのだろう。

  • miki さん

    ケストナーの児童文学には子どもの痛みを知り、大人や社会の不理解への批判が書かれていて、子どもにとっては痛快だろうな。お互いの出自を知り、その事実に喜び合い、さらには2人の力で周囲を変えようとする勇気。ケストナーの物語に描かれる、子どもの悲しみとそれを乗り越える仲間との協力がとても好きだ。

  • LACI さん

    ふたごのロッテとルイーゼは両親の離婚で母方父方にわかれて暮らすようになる。夏休み子どもの家で出会いふたごであることがわかり入れ替わって家に帰って行く。父を知らないロッテ母を知らないルイーゼは憧れの父母にバレないように料理を作ったり・・・と努力して過ごす。何て健気な二人でしょう。ワクワク感を感じながらも最後には両親は再婚し、賑やかな家庭が戻って来るという心温かくなる作品でだった。劇団四季のふたりのロッテを見に行くがどんな風に描かれるのか楽しみ。

  • はゆ さん

    なかなか、面白かった。両親の離婚により、物心つく前に離れ離れになり、それぞれひとりっ子として育ってきた双子が、夏休みにこどもの家で偶然、共に過ごすことに。お互いが双子であることがわかり、ある計画を思いつき実行する2人。言葉遣いが独特。

  • おだまん さん

    劇団四季を観て。やはり読み返さずにはいられない。親の立場で読んでみるとこれが、涙、涙で。ふたりとも、頑張ったよねえ。今読むと訳も秀逸ですね。みんなに再会できてよかった(^-^)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エーリヒ ケストナー

1899‐1974。ドイツの詩人・小説家。ドレスデン生れ。1929年に発表した『エミールと探偵たち』で児童文学作家として知られるようになる。ファシズムへの批判、自由主義的な作風により、ナチスによって迫害を受け、’33年発表の『飛ぶ教室』を最後にドイツ国内での出版を禁じられ、著作の焚書処分を受ける。第

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品