エレーヌ・カレール・ダンコース

人物・団体ページへ

エカテリーナ二世 十八世紀、近代ロシアの大成者 上

エレーヌ・カレール・ダンコース

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784894344020
ISBN 10 : 4894344025
フォーマット
出版社
発行年月
2004年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,367p

内容詳細

「偉大な女帝」をめぐる多くの誤解をはらす、最新の成果。ロシア研究の世界的第一人者が、史料と、矛盾する評価の迷宮に分け入った野心作。啓蒙絶対君主エカテリーナ2世の真の姿がここに。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ゆずこまめ さん

    エカテリーナ『大帝』が女性なだけではなく、ロシア人ですらないことに驚く。あの広大な国土を女の身で切盛りするには、人並み以上の努力が必要だったはず。頭がいいだけではダメで、読みながら女は度胸、とつぶやいてました。

  • MAT-TUN さん

    ロシアを強国として世界に知らしめたのはこの人物に負うところが大きいでしょう。 哲学書を原著でよみ、科学を含む数々の文化を尊び、国民に教育を施した聡明な人物。興味が尽きない

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品