エリナー・ファージョン

人物・団体ページへ

エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする

エリナー・ファージョン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784001108729
ISBN 10 : 4001108720
フォーマット
出版社
発行年月
2004年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
28cm,1冊

内容詳細

幼い少女エルシー・ピドックは、生まれながらのなわとび上手。その評判は、ケーバーン山に住むフェアリーたちにも届いて…。エリナー・ファージョンの有名な物語が美しい絵本に。ストーリーテリングにも最適。

【著者紹介】
エリナー・ファージョン : 1881‐1965年。イギリスの詩人・作家。『リンゴ畑のマーティン・ピピン』で作家としての地位を確立。みずみずしい感性と想像力で、『ムギと王さま』など、たくさんの美しい物語や詩を紡ぎだした。1956年、第1回国際アンデルセン賞を受賞

シャーロット・ヴォーク : 1957年生まれ。イギリスの画家。『ねこのジンジャー』『でんしゃがくるよ!』などの絵本で、いくつもの賞を受賞

石井桃子 : 1907年生まれ。編集者・作家・翻訳家として、また児童図書館活動の草分けとして活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tokotoko さん

    とてもキレイな若草色が心に残ります。エルシー・ピドックという女の子が貧しい家に生まれるところから始まります。エルシーが最初に聞きつけたのが、なわとびの音と、跳びながら歌うなわとび歌でした。エルシーはなわとびと共に育ち、ついにはケーバーン山に住む妖精とも知り合うこととなります・・・。字がとても多い絵本です。でも、淡く軽い絵と一体化して読めるので、あっという間でした。なわとび好きの方も苦手な方(私!)も、久しぶりにこの本で、なわとびを楽しみ直してみませんか?子どもよりきっと、大人を惹きつける1冊です。

  • april-cat さん

    いちばん好きな絵本かもしれません。なんど読んでもいいです。ファージョンはどこがどういいって、言葉でなかなか言い表せないのがもどかしいんですが、好きな人にとっては、なんど読んでも、からだの細胞のすみずみまで染みわたるような深い満足感がえられます。

  • ツキノ さん

    エリナー・ファージョンは名前こそ知っているものの読んだことのないままきょうまで来てしまった。絵本になっているこの作品は『ヒナギク野のマーティ・ピピン』のなかの1編だそうです。なんて壮大なハッピーエンド!しかしちょっと日本でいう妖怪とか妖魔チックなところもあり。こういうのがイギリス流ファンタジーなのか。

  • rummy さん

    何度も読もうと思いながら読めなかった本。娘が先に読み始めていたので、改めて挑戦。記録200冊目に読了。なぜ涙が溢れるのかな?すごく心地よくて不思議な感覚。学校のなわとび大会も楽しく迎えられそう。*****

  • ほーすけ さん

    ファージョンの作品からの絵本。ふわっと飛んでいきそうなタッチの絵に、さらに石井桃子さんの訳がすばらしい!読んでいると音楽が聞こえてきて、一緒に歌ってしまいそう。エルシー・ピドックはなわとびの上手な女の子、妖精に気に入られ秘術を学ぶ。ますます飛ぶようになわとびをするエルシーも大人になり、なわとびをしまう時がくる。民話のようなファンタジーだが、現代に通じる力があり、ファージョンの世界観がよく映し出されている。全集はなかなか子供は手を出さないので、こうして絵本にしてくれると読む機会が増えて良いのだけれど…。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エリナー・ファージョン

1881‐1965。英国ロンドンで人気作家の父のもとに生れる。若い頃から脚本や詩集を執筆し、40歳のときに『リンゴ畑のマーティン・ピピン』で作家としての地位を確立する。その他の作品に『本の小べや』(カーネギー賞受賞)などがあり、すぐれた児童文学者として第1回国際アンデルセン賞を贈られる

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品