エリザベス・レアド

人物・団体ページへ

路上のヒーローたち

エリザベス・レアド

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566024052
ISBN 10 : 4566024059
フォーマット
出版社
発行年月
2008年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,379p

内容詳細

エチオピアの首都アディスアベバ。様々な理由から家を離れ、路上で暮らす少年たち。身を寄せ合い、助け合って、精一杯に生きている…。エチオピアのストリート・チルドレンの姿を、独特の温かな眼差しで描く感動作。

【著者紹介】
エリザベス・レアード : イギリスの作家。多くの話題作を発表している。マレーシアで教師生活を送り、夫の仕事の関係でエチオピアやレバノンにも長期滞在した。パレスチナの子どもたちを描いた『ぼくたちの砦』は、第53回青少年読書感想文全国コンクールの課題図書になった。ほかの邦訳作品に『ひみつの友だち』(徳間書店)、『今、ぼくに必要なもの』(ピエブックス)などがある。この2作は、共にカーネギー賞の候補作になっている

石谷尚子 : 東京生まれ。上智大学文学部英文学科卒業。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 小太郎 さん

    この本はストリートチルドレンの事を書いています お腹が空いていてもきっと神は救ってくれるという事が書かれてあると思いました 後書きにもそう書かれてありました その日は空腹で倒そうになっても、自ら命を絶ってはいけない きっと神は救いの手を差し伸べてくださると

  • うまこ さん

    マモや子どもたちの状況に涙したり、仲間のような気分で応援したりしながら読んだ。今ももしかしたら路上で暮らしているかもしれないリーダーのミリオンや仲間たち、そのほかの子どもたちにも明るい未来が用意されていることを願いながら読むのを終えた。

  • くねくねさん さん

    期待以上に良かった!子供たちのひたむきな生命力に胸がジーンとする。自分の恵まれた暮らしに改めて感謝し、世界中の子供たちの幸せを祈らずにはいられない。

  • コウヤ さん

    すごく良かったです。でも、最後に主人公とその友達だけ幸せになる(?)っていうのはちょっと・・・。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品