エリザベス・レアド

人物・団体ページへ

戦場のオレンジ

エリザベス・レアド

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566024205
ISBN 10 : 4566024202
フォーマット
出版社
発行年月
2014年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
124p;20

内容詳細

破壊されたベイルートの町で、よりそって暮らすアイーシャたち。母さんは爆撃で行方不明になり、たよりにしていたおばあちゃんまで、たおれてしまった…。おばあちゃんを助けるには、グリーンラインのむこうまで薬をもらいに行かなければならない―敵の土地まで。十歳の少女がくだした決断とは?

【著者紹介】
エリザベス・レアード : イギリスの作家。多くの話題作を発表している。マレーシアで教師生活を送り、夫の仕事の関係で、エチオピアやレバノンに長期滞在した

石谷尚子 : 東京生まれ。上智大学文学部英文学科卒業。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mocha さん

    【西日本読書感想画コンクール課題図書】30年程前、内戦時下のベイルート。東西に分断され、停止線グリーンラインを挟んで兵士が睨み合う街。10歳の少女・アイーシャは、祖母の薬を手に入れるため、グリーンラインを越えて走る。怖い兵士にも「子煩悩な父」という顔があり、何も知らない子どもも敵から見れば「シーア派のガキ」と呼ばれる現実。「人を憎まないで」と言う女性医師は作者の投影だろうか。

  • ☆よいこ さん

    内戦下のレバノンで爆撃に巻き込まれ母を亡くし、おばあちゃんと弟たちと逃げてきたアイーシャ。親切な人に助けられ他の避難民と一緒にアパートでなんとか生き延びていたが、おばあちゃんの具合が悪くなった。お薬さえあれば助かると思ったアイーシャは、たったひとりで戦場を駆け抜ける。▽作者の実体験からかかれた物語。相手が誰で、なんのために戦っているのかもわからないのに、子ども達は巻き込まれ傷ついている。戦争は不条理だ。

  • ブルちゃん さん

    このお話が全て空想ではないということ。敵味方の誰もが同じ人間であること。皆が同じく苦しい中で、本当に手を差し伸べてくれる人がいる。私はそんな偽りのない強さを持った人達を、心から尊敬します。特集してくれた図書館の方に感謝。原書はイギリスでのハル児童文学賞受賞。

  • さく さん

    ベイルートの町は、西と東に分断され、その境界線では日々戦闘が行われていた。10歳の少女アイーシャは、祖母の薬を手に入れるため、境界線を走り抜ける。作者自身がベイルートに住んでいた時の思い出をもとにした物語。

  • 雨巫女。@新潮部 さん

    《私-図書館》普段の暮らしから、戦場になり、母が亡くなり、おばあちゃんとアイーシャと弟。家もなく、他の難民とアパートの隅で暮らしてる。おばあちゃんの具合が、悪くなり、危険な場所を越えて、薬を貰いに行くアイーシャ。頑張って薬を貰ってきた。平和の重要なことが、よくわかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品