エリザベス・ボーエン

人物・団体ページへ

エヴァ・トラウト ボウエン・コレクション

エリザベス・ボーエン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784336049858
ISBN 10 : 4336049858
フォーマット
出版社
発行年月
2008年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,450p

内容詳細

ウルフ、マードック、レッシングに並ぶ、20世紀イギリスを代表する女性作家ボウエン、晩年の傑作長篇。涙とことばと愛をめぐる少女のクロニクル。ジェイムズ・テイト・ブラック賞受賞、ブッカー賞候補作。

【著者紹介】
エリザベス・ボウエン : 1899〜1973。アングロ・アイリッシュの作家。アイルランドにある一族の居城ボウエンズ・コートを維持しながら、イギリスを本拠地として二度の世界大戦の戦火をくぐり、生涯で長篇小説10篇と約90の短篇小説を書いた。アングロ・アイリッシュ特有の映像感覚と言語感覚にすぐれ、イギリスとアイルランドの数世紀にわたる対立の歴史や二度の世界大戦を招いた20世紀という激動の歴史が、ボウエンの一見上品なお茶会や少女やゴーストの世界に色濃く反映していることもあって、20世紀を代表する作家としての評価が高まっている。代表作『パリの家』(1935)はイギリスで20世紀の世界文藝ベスト50の一冊に選ばれ、『エヴァ・トラウト』(1969)は1970年のブッカー賞の候補になった

太田良子 : 東京生まれ。東京女子大学文学部英米文学科卒。学位論文はT.S.エリオット。71〜75年ロンドン在住。79年東京女子大学大学院英米文学研究科修士課程修了。修士論文はヘンリー・ジェイムズ。81年東洋英和女学院短期大学英文科に奉職。94〜95年ケンブリッジ大学訪問研究員。98年より東洋英和女学院大学国際社会学部教授。日本文藝家協会会員。三代目のクリスチャン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    25歳の誕生日を迎えれば父が残した莫大な遺産を相続できるエヴァ・トラスト。貧しい故に不幸である牧師親子、父の愛人でもあった後見人、エヴァを居候させていた倦怠期の夫婦などエヴァに関わりがありながらも抜け目のない関係者。都会的センスを持つエヴァが一族が残した屋敷に異常に執着し、説明者や恋人すらも拒絶して追い出す場面はゴシック小説ならではの白眉といってもいいでしょう。しかし、最も壮絶なのはそのラスト。最後の章がなぜ、過去形で表現されているかが分かった時は戦慄しました。「ノーサンガ・アビー」のような辛口ミステリー

  • 紅はこべ さん

    読み易いとは言えない。この作家はいつも苦労させられる。会話は禅問答みたいだし、心理描写も難解だ。ジャガーを乗り回す大柄なヒロイン、彼女には登場人物だけでなく、読者も振り回される。

  • rinakko さん

    再読。誰かが誰かを完全に理解するということはあり得なく(自分を含めたとしてさえ)、それは小説に描かれた人物であっても当然そうなのだ…と、しみじみ思わせてくれるのがエヴァ・トラウトの造形。硬い言葉しか使えず、対話を軽んずる彼女の独特な自律志向は、巨万の富を相続した若い娘であるが為、望んでもいないのに周囲を巻き込み流れを決めてしまう。その魅力は捉えにくく、そもそも魅力的な人なのか…よくわからないけれど、“エヴァは愛は見たことがある故に愛は知っているはずだった”…というような文章は胸を衝く。読後、思いは尽きない

  • 愛玉子 さん

    数ヵ月後の25歳の誕生日を迎えれば、莫大な財産を相続するエヴァ・トラウト。財産を管理している後見人が彼女の亡き父の愛人(男)であるなど、彼女を巡る人々はみな腹に一物抱えていてどうも信用ならない。彼女の財産に目が眩んだとか、妬みで凝り固まっているわけでもなさそうな、かといって善意も感じられない、要は何を考えているのかよくわからない人々に囲まれ、エヴァ自身もつかなくていい嘘をついて周囲を惑わせる。辛辣で思わせぶりな文章は読むのに骨が折れるが、慣れると妙な魅力があり、意外にきっちりした結末も良かった。

  • 椿子 さん

    ボウエンの作品は独特で面白い。若干やっぱり訳が微妙かなとも思うが原文が難しかったら仕様がないのかもしれない。一番好きだったシーンは、城の学校に通う部分と、ラーキンズ荘、キャセイ邸の描写だろうか。登場人物で好きなのは、ゲイのコンスタンティンと、年下の美少年ヘンリー。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エリザベス・ボーエン

1899‐1973年。イギリスの女流作家。アイルランドの旧家に生まれる。イギリスで教育を受け、二〇代から小説を発表する。ヘンリー・ジェイムズの流れをくむ心理小説を現代的な感受性と繊細かつ知的な文体で書いた。他方、「ブルームズベリー・グループ」の後を継ぐ知識人のサロンの女王的存在となった

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品