エリザベス・キューブラー・ロス

人物・団体ページへ

ライフ・レッスン 角川文庫

エリザベス・キューブラー・ロス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784042920021
ISBN 10 : 4042920020
フォーマット
出版社
発行年月
2005年08月
日本
追加情報
:
15cm,371p

内容詳細

「死に直面している人たちはいつも、大いなるレッスンをもたらす教師だった。生がもっともはっきりみえるのは、死の淵に追いやられたそのときだからだ。そのレッスンの数々は、人間の生にかんする究極の真実であり、いのちそのものの秘密である」終末期医療の先駆者が静かに語る、人生の十五のレッスン。

目次 : 「ほんものの自己」のレッスン/ 愛のレッスン/ 人間関係のレッスン/ 喪失のレッスン/ 力のレッスン/ 罪悪感のレッスン/ 時間のレッスン/ 恐れのレッスン/ 怒りのレッスン/ 遊びのレッスン/ 忍耐のレッスン/ 明け渡しのレッスン/ 許しのレッスン/ 幸福のレッスン

【著者紹介】
エリザベス・キューブラー・ロス : 医学博士、精神科医。ターミナルケア(終末期医療)、サナトロジー(死の科学)のパイオニアであり、その成果をまとめた『死ぬ瞬間』(中公文庫)は世界的なロングラセーとなった

デーヴィッド・ケスラー : ホスピス・ケアのスペシャリスト。数百人の終末期患者と時を共にしてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 壮の字 さん

    「おわりは逆向きの始まりにすぎない」死を意識することで初めて見えてくる真実もあるのだろう。精神科医ロス博士が、人生を「おわり」から眺める処世術のレッスン。巷にあふれる人生論と特別変わったことが書いてあるわけではないが、(誤解を恐れずに言えば)稿を通して「あきらめ」に似た優しさがただよう。そしてそれはそのまま強さでもある。ロスの代表作『死ぬ瞬間』のタイトルの衝撃に、お近づきになりたくないという方にも充分なじめる内容だと思う。そして、この一冊だけで充分かもなぁ..とも思う。まぁマイベストかな...

  • スパイク さん

    死を宣告されたとき、ほんとんどの人はやり残したことに気づく。せめて宣告された死までの数カ月・数時間は、自分の為だけに使いたいと思う。でもその時にはすでに、身体も不自由で自立して生活することもままならないかもしれない。しかし、それは、死を目のまえにしなくても、今すぐにでも取組んでいけることでもある。他人の欲望、他人の人生を生きても、本物の幸せはないし、生きている価値はない。…という内容が繰り返される。『一晩で一億円稼ぐ方法』とか『ハーバード流思考法』なんて本に興味がある人には理解不可能でしょう。

  • 銀の鈴 さん

    「許す」ということが、いわゆる教訓的な意味合いではなく、素直に読むことができました。その1点においても有意義な読書時間だったといえます。(私の偏見と本との出会い方によるものでしょうけれども、翻訳ものでは、時に鼻につくような、偽善的な「許し」について本気で書いている本が多い印象がありましたので。宗教が違うので、それも仕方ないのかなと思います。左のほほをたたかれたら右のほほを差し出すことは私にはできないなあと。)良い本ですが、まだしっくりとこないところも。時々読み返すべき本なのかなと思います。

  • みやざき しんいち(死ぬまでにあと1,000冊は読みたいんだ) さん

    死ぬとは別れることなのか?近しい人との死にはどう向き合うべきなのか?生きている元気な時から、死と向き合う考え方を整理しておこう、そう思わせてくれた。

  • こばまり さん

    病院で終末期の患者さんに音読のボランティアをしている先生から戴いた本。死に対して抱いている漠とした不安がすこぉし軽くなる感じ。ここに書かれている全てを文字面だけでなく理解するにはまだまだ人生の修行が足りてませんが。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品