デルトラ・クエスト 2 嘆きの湖

エミリー・ロッダ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784265061525
ISBN 10 : 4265061524
フォーマット
出版社
発行年月
2002年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,197p

内容詳細

リーフは、デルトラ城の元衛兵バルダと、森で出会った少女ジャスミンとともに旅を続ける。その行く手に立ちはだかるのは魔女テーガン。「嘆きの湖」で3人が出会うのは…。愛と友情と闘いの痛快ファンタジー第2巻。

【著者紹介】
エミリー・ロッダ著 : 1948年、オーストラリア、シドニー生まれ。シドニー大学で英文学を学ぶ。著書に『ローワンと魔法の地図』(1993年度オーストラリア最優秀児童図書賞を受賞)にはじまる「ローワン」シリーズ(あすなろ書房)など。オーストラリア児童図書賞を過去5回受賞。本名ジェニファー・ロウ名で大人向きのミステリーも書く

岡田好恵 : 熱海市生まれ。青山学院大学仏文科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 伊織 さん

    1巻は物語の進み具合に親子揃ってイライラしましたが、2巻からはちゃんと冒険してました!なぞなぞや暗号もあり、子どもが好みそうな要素が詰まってます!最初はブーブー文句をいっていたお子もなぞなぞに必死にチャレンジしていました(最後まで解けませんでしたが 苦笑)。親子で楽しめるシリーズの予感です♪

  • yohiiiidayo さん

    デルトラ・クエスト2巻読了。この巻の敵は魔女とその子供たち。人を別のものに変えたり、旅人をだましたり、まさに魔女。このシリーズ、ちょくちょく絵を使ったクイズがでてくるんですよね。時々、本気で解けなくて凹む…児童向けなのに…3巻へゴ…

  • 紅蓮 さん

    リーフ達がの野生のスモモに驚き、喜ぶシーンが印象的。影の大王がデルの街を支配してからの過酷さが伺える。テーガン(大ボス)よりもその子供たちのほうが怖かった…

  • 菜花@ほのおかくとう協会門下生 さん

    ジニとジッドの喋り方が、とても面白いと思いました。新しい仲間、マナスも出てきて、わくわくします。しかし、テーガンの出番はここで終わりでしょうか?子どもたちがいるとのことなので、この先出てきてくれるといいな、と思います。ドール族夫妻の話も、ファンタジーど真ん中で好きです!ちょっと間抜けなバルダが可愛い(笑)

  • とことこ さん

    4人目の仲間か?と思ったら案内人でした。橋の番人の謎解きの問題もポイントでしたね。魔女の子供の台詞の秘密は私は気がついたけど小3の娘はきがつかなったようで教えたらほんとだー!ってびっくりしてた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品