エミリー・クレイグ

人物・団体ページへ

死体が語る真実 9・11からバラバラ殺人まで衝撃の現場報告 文春文庫

エミリー・クレイグ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167651534
ISBN 10 : 416765153X
フォーマット
出版社
発行年月
2005年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,395p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しんちゃん さん

    法人類学者がみた事件の生々しい記録、最後は9.11について。遺体が発見されたら、状況によって法人類学者の他、法病理医、法医昆虫学者、法歯科医、警察など色んな人が関わる必要から、お互いの理解が重要と思いました。古い骨の場合は考古学者の出番も。

  • miwapicco さん

    2度目。ランチの友に読むには、死体農場の話や腐りゆく様など、あまり適切でなかったですが、、、( ¯−¯ ) 著者の科学者としてのプライドに感銘を受ける。そして悪いことはできませんな( ¯−¯ )

  • nyata さん

    アメリカ版「死体は語る」(上野正彦氏著)かと思ってたんだけど、エミリーさんの「ワタシってこんなにすっごい事やってんのよぉ!どおよ?」的な自分自慢の半生記だった。謙虚でクソ真面目な日本人と自己主張が最大の美徳と信じてるアメーリカンの違いかしらねぇ?

  • うたまる さん

    法人類学者エミリー・クレイグの活躍を収めた自画自賛ドキュメンタリー。非常に意欲と能力が高い上に、呆気に取られるほどの自己マンセー振りが清々しい。どんなにシリアスな猟奇殺人、無惨な死体描写、悪辣な虐待の中でも、彼女の自慢が始まれば苦笑いを禁じえない。これはガチなのか?ユーモアなのか?ほんの一部を紹介……「私はスタープレイヤーであり、キャプテンでコーチなのだ…」「彼らは単に応援が必要なのではなく、”わたしが”必要だったのだ」「私以外にその仕事を進んでする、或いはする能力がある人はほんの僅かしかいない…」

  • 風見草 さん

    同じ死体でも腐乱死体や人骨は法人類学者(著者)、損壊していない死体では法病理学者鑑定する人が異なること、死体のある現場の状況の記録と姿態の回収を行なう様子、9.11テロなどの大事件における大量の死体の分別・判別作業の様子など、作業現場の様が描かれています。そして何より、実際の事件において骨や切断された四肢やそのた物証から死亡原因や身元の特定していく過程、作業現場のチームワーク、9.11事件ではその痛ましさに動揺する様など、ノンフィクションらしい面白さがあります。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品