エマニュエル・ド・ヴァリクール

人物・団体ページへ

マリー・アントワネットと5人の男 宮廷の裏側の権力闘争と王妃のお気に入りたち 上

エマニュエル・ド・ヴァリクール

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784562057962
ISBN 10 : 4562057963
フォーマット
出版社
発行年月
2020年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
224p;20

内容詳細

ローザン公爵、ブザンヴァル男爵、ヴォードルイユ伯爵、フェルセン伯爵、エステルアジ伯爵…宮廷に新風をもたらした彼女が求めたものは何だったのか。新資料を駆使して活写する王妃の真実。

目次 : マリー・アントワネットと「王妃の集まり」/ ローザン公爵/ ブザンヴァル男爵

【著者紹介】
エマニュエル・ド・ヴァリクール : 1965年生まれ。パリ・カトリック大学講師。革命前のフランス社会を専門とする。ルイ16世の大臣シャルル=アレクサンドル・ド・カロンヌの伝記Calonne:La derni`ere chance de la monarchieを著わし、高く評価された

ダコスタ吉村花子 : 翻訳家。明治学院大学文学部フランス文学科卒業。リモージュ大学歴史学DEA修了。18世紀フランス、アンシャン・レジームを専門とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 星落秋風五丈原 さん

    ルイ16世が子作りにも夫婦生活にも熱心でなかったためにマリー・アントワネットには別のオトコが必要だったという話。夫がなければ取り巻きを、みたいな感じ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エマニュエル・ド・ヴァリクール

1965年生まれ。パリ・カトリック大学講師。革命前のフランス社会を専門とする。ルイ16世の大臣シャルル=アレクサンドル・ド・カロンヌの伝記Calonne:La derni`ere chance de la monarchieを著わし、高く評価された

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド