エマニュエル・トッド

人物・団体ページへ

グローバリズム以後 アメリカ帝国の失墜と日本の運命 朝日新書

エマニュエル・トッド

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784022736895
ISBN 10 : 4022736895
フォーマット
出版社
発行年月
2016年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
198p;18

内容詳細

トランプ・ショック、英国EU離脱、憎悪とテロの連鎖。どの国もうまくいかない歴史の大転換期を鮮やかに読み解く。グローバリズムが先進国の中間層を解体し、社会を分断する。民族の自律性と民主主義への懐疑が黒雲のように広がる。中東では国家の解体という最悪のプロセスが進行する。このおそるべきニヒリズムを乗り越えるには―。朝日新聞による日本向けインタビューを網羅。9・11以降の現代史の奔流が手に取るようにわかる!

目次 : 1 夢の時代の終わり(2016年8月30日)(米国が変わろうとしている/ 一つの世代が過ぎて ほか)/ 2 暴力・分断・ニヒリズム(2016年1月27日)(広がる国家解体のプロセス/ イスラムの崩壊としてのIS ほか)/ 3 グローバル化と民主主義の危機(好戦的な、いわば狂気が世界に広がりつつある(2015年2月19日)/ 「国家」が決定的な重みを持つ時代(2014年7月8日) ほか)/ 4 アメリカ「金融帝国」の終焉(今や米国は問題をもたらす存在でしかない(2008年10月30日)/ グローバル化は単なる経済自由主義ではなく、より厄介だ(2008年3月31日) ほか)/ 5 終わらない「対テロ」戦争(日本は米国以外の同盟国を持つべきだ(2004年2月4日)/ 帝国アメリカは崩壊過程にある(2003年2月8日) ほか)

【著者紹介】
エマニュエル・トッド : 1951年フランス生まれ。歴史家、文化人類学者、人口学者。家族制度や識字率、出生率に基づき現代政治や社会を分析し、ソ連崩壊、米国の金融危機、アラブの春、英国EU離脱などを予言(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Miyoshi Hirotaka さん

    識字率の上昇は権威の独占を解体し、経済的発展や民主化を促すが、人口面では出生率の低下をもたらす。ところが、どんな社会でもこの過程で伝統的なシステムと決別するための政治的な危機を経験する。これが近代化。一方、グローバル化は識字化が世界に行き渡り、教育レベルが一致した時に達成される。長期的に歴史を動かすのは経済ではなく教育。文字を変えて、過去を断絶したり、情報をコントロールしたりするのはこれに逆行。文明が接近しても戦争はなくならないが、それは国際的な経済問題を解決できないことのガス抜きで、文明の衝突ではない。

  • キック さん

    トッド氏は、人類学・歴史学の視点(特に人口動態・家族構造等)から世界を考察するユニークな学者で、私が最も注目している論者です。ソ連崩壊・アラブの春・英国のEU離脱等を予見したことが有名です。本書は1998年から2016年までの朝日新聞のインタビュー記事をまとめた本で、トッド氏は、グローバル化や新自由主義に対し、一貫して警鐘を鳴らしています。「日本の本当の問題は人口動態」と喝破するトッド氏。しかし、安倍は新自由主義を突き進めることに邁進し、少子高齢化や貧困格差対策は、いかにも表面的です。大丈夫でしょうか。

  • さきん さん

    トッド氏の世界情勢読みを知る入門書としては、分量も適当で良いと思う。何冊もトッド氏の本は読んできたので特に驚くことはないが、エリートと呼ばれる人達が逆にトッド氏の半分の想像力も感じさせてくれないのは悲しすぎる。イギリスや日本のように歴史をしっかり背負っている国こそ経済格差やトップの腐敗、国家の衰退、行き過ぎたグローバル化という問題に直面した時にポッと社会をよい方向へ引っ張っていくエリートや大人物を輩出するだろうということは大いに期待したい。私もできることはやる。

  • めだか さん

    米国、ユーロの崩壊は始まっている。グローバル化の矛盾が先進各国を悩ましているが、各国政府が解決能力がない中 イスラム勢力に原因を押し付けて誤魔化している。日本は米国以外の同盟国を複数持ち、核武装するとアジア地域が安定するというのは面白い考えだと思う。

  • YúKa(ユーカ)@ハガレン読み終えました さん

    近代化とは識字率が上がること。それに伴い、出生率が下がり、混乱(ドイツのナチズム、中国の文化大革命など)が起きる。目から鱗が落ちる良書。著者の本をもっと読みたいと思う。でも、難しくて、読むのが精一杯。この本を読んだときほど、近現代史の知識が不足していることを悔やんだことはなかった。「○○が△△になっている地域は、家族構造が□□である地域と重なる」って記述があるけど、そこら辺は地図の分布図で解説してほしかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品