エドワード リア / エドワード ゴーリー / 柴田元幸

人物・団体ページへ

輝ける鼻のどんぐ

エドワード リア / エドワード ゴーリー / 柴田元幸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309269870
ISBN 10 : 4309269877
フォーマット
出版社
発行年月
2007年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16×24cm,1冊(ページ付なし)

内容詳細

じゃんぶりー・がーるに恋をしてしまった「どんぐ」。船出した彼女を恋焦がれるあまり、彼がつけたモノとは。どんぐの哀切なる叫びを美しくもナンセンスに語る傑作。ふたりのエドワードによるご機嫌な絵本、第2弾。

【著者紹介】
エドワード・リア : 1812年、ロンドン郊外のホロウェイ生まれ。イギリスの画家、ナンセンス詩人。リメリック詩(5行脚韻詩)に滑稽な挿絵をつけた作品を発表し、ルイス・キャロルなどに影響を与えた。1888年1月29日、サンレモで死去

エドワード・ゴーリー : 1925年、シカゴ生まれ。独特の韻を踏んだ文章と、独自のモノクローム線画でユニークな作品を数多く発表している。アナグラムを用いたペン・ネームを使い分けてたくさんの私家版も出版したため、熱狂的コレクターを生み出した。2000年4月15日、心臓発作のため死去

柴田元幸 : 1954年、東京生まれ。アメリカ文学研究者。東京大学文学部教授。2005年、『アメリカン・ナルシス』でサントリー学芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 新地学@児童書病発動中 さん

    エドワード・リアのナンセンスな詩はそれ自体で面白いが、ゴーリーのイラストが付くと完璧になる。ゴーリーのモノクロームの緻密な線画から浮かび上がってくるのは、ちょっとだけ不気味でちょっとだけ可笑しく、ちょっとだけ哀しい独特の世界である。この絵本では、恋人の探すドングの哀感が、ゴーリーの絵によくマッチしている。でも滑稽な要素も十分に含まれていて、最後のページの絵を見た時は吹き出してしまった。

  • 市太郎 さん

    ちょっと違うな、と思ったら、これは文がゴーリーではないようだ。文語調で書かれていていったい「どんぐ」って何だ? という所から、主人公の名前だと気づき、わかったようなわからないような感じで終わってしまった。お前、その鼻!?(笑)あとがきの訳を読んで細かい所は理解したけれど、そうとうなコンプレックスでしょうか。嫌いな所も嫌いだ、嫌いだ、といっている間に極めちゃってふぇちになってしまうというのは少し違いますか。僕のコンプレックスも逆手にとって輝ける日を夢見て。

  • マエダ さん

    これはもう難しすぎてついていけない。

  • keroppi さん

    【エドワード・ゴーリー誕生日読書会'19】「ジャンブリーズ」の次に読んだ。この本にもジャンブリーズが登場する。ジャンブリーズ・ガールに恋焦がれるどんぐ。文語体で綴られる物語は、「ジャンブリーズ」と打って変わって重い。鼻から漏れる光は、どんぐの狂おしさ。

  • アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯 さん

    伊丹市立美術館で開催されたエドワード・ゴーリーの優雅な秘密展へ行った際、館内にゴーリー本の読書スペースがあり読んだ一冊。絵がゴーリー、文はエドワード・リア。文語調で語られる。どんぐとじゃんぶりーの乙女との恋物語。3等身のキャラクターたちがかわいい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品