エドワード・B.バービア

人物・団体ページへ

なぜグローバル・グリーン・ニューディールなのか グリーンな世界経済へ向けて

エドワード・B.バービア

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787713056
ISBN 10 : 4787713051
フォーマット
出版社
発行年月
2013年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
281p;21

内容詳細

炭素依存を低減して生態系を保護することは、ただ単に環境意識からではなく、世界経済が持続可能な状態で景気回復を果たすために正しく、また実際のところただ一つの方法である。国連環境計画(UNEP)が提案する、グリーンな世界経済復興プラン。

目次 : 第1部 なぜグローバル・グリーン・ニューディールなのか(導入:危機からの好機)/ 第2部 グローバル・グリーン・ニューディールの重要な要件(炭素依存の低減/ 生態系の保護/ 発展途上経済が直面する課題/ 結論:優先される国内での取り組み)/ 第3部 国際社会の役割(グローバル・ガバナンスの改善/ 資金調達の円滑化/ 貿易奨励策の強化/ 結論:優先される国際的な取り組み)/ 第4部 よりグリーンな世界経済へ向けて(要約:グローバル・グリーン・ニューディールの提案/ グローバル・グリーン・ニューディールは成功するのか/ グリーンな景気回復を越えて)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 壱萬弐仟縁冊 さん

    2010年初出。GGND。2019年までに途上国人口の半数が都市で生活。 2050年までに53億3000万人が都市に住むと予測(24頁)。 GGNDの主要目標は、世界経済振興、雇用創出、貧困層の保護。炭素依存低減、生態系保護、水資源保全。 そして、2025年までに曲の貧困を終わらせる10年先送りのMDGsの推進(33頁)。 炭素依存では2030年にエネルギー燃焼で温室効果ガスを05年よりも60%多く排出すると予測(44頁)。 化石燃料の使用を減少させることを強調する研究が増えてきた(48頁)は歓迎できる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品