スノーデン 日本への警告 集英社新書

エドワード・スノーデン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087208764
ISBN 10 : 4087208761
フォーマット
出版社
発行年月
2017年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
200p;18

内容詳細

米国政府が行っていた大量監視の実態とメディアの役割等をあのスノーデンが明快に解説。後半はスノーデンの顧問弁護士や公安事件に詳しいジャーナリストら日米の精鋭が、監視問題の議論を深める。

【著者紹介】
エドワード・スノーデン : 1983年生まれ。CIA、NSA及びDIAの元情報局員。アメリカ政府が無差別監視をしている実態等を暴露した2013年6月の「スノーデン・リーク」で世界を震撼させた。2014年より「報道の自由基金」理事

青木理 : ジャーナリスト

井桁大介 : 弁護士。あさひ法律事務所。JCLU会員

金昌浩 : 弁護士(日本及びNY州)。ムスリム違法捜査弁護団団員

ベン・ワイズナー : ACLU常勤弁護士。スノーデンの法律アドバイザー

マリコ・ヒロセ : NYCLU常勤弁護士。米国のムスリム事件の原告代理人

宮下紘 : 憲法学者。専門はプライバシー権。中央大学総合政策学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ケイ さん

    スノーデン氏の前半の話は興味深いが、オリバーストーン氏の映画を見ればいいと思う。スノーデン氏は、自分が告発するとき共に闘ってくれたガーディアン紙やワシントンポスト紙の姿勢や態度をジャーナリズムだとよんでいるのだ。報道の正義、自由、政府からの規制への闘い…、それらはジャーナリズム側の正義があってこそ。今の日本の報道にどれだけそれが見られるか。スノーデン氏の話を前半に持ってきての後半は、トリッキーとも思える。自国の大臣の揶揄を、隣国の脅威を差し置いて報道する機関は、スノーデン氏の言葉にのっからないで欲しい

  • rico さん

    安全は大切。とはいえ、気がつけば、街の至るところに監視カメラがあり、携帯電話は位置情報を発信し続け、便利だから気軽に使っている電子マネーや交通系ICカードの利用情報はデータとして蓄積されており・・。スノーデンが告発した「悪夢」はすでに現実のものに。しかもアメリカと違って、マスコミ等のチェックがまともに機能していない。共謀罪まで成立してしまって、これからどうなるんだろう。気が滅入る。

  • akira さん

    新書。 なかなか興味深い。自己の利益よりも大局的かつ合理的な議論がされていて読み応えがある。 ここでひとつ理解することがある。詳細な具体的な内容よりも抽象的なデータの方がいろいろと分かるという事実。データというものの捉え方が大きく動いている近年、ものの見方自体を意識していく必要性を感じる。 「電話の通話内容とメタデータのどちらの価値が高いか」

  • はる さん

    アメリカでの監視の広さはすごいが、これはそのうち日本でも行われるのだろうと。マイナンバー法や特定秘密保護法、安保関連法案、共謀罪関連の法、それぞれが繋がっていて、戦時中のような、いやもっと監視されている住みにくい世の中になるのではないかと怖くなった。

  • Takaaki Sasaki(旧名balthazar) さん

    NSAなどのアメリカの情報機関が自国民や他国民の動向をインターネットを通じて監視している実態を明らかにしたエドワード・スノーデン氏を招いてのシンポジウムの書籍化。「暴露」でスノーデン氏の告発内容は知っていたが、改めて監視の実態に戦慄。インターネットのおかげで便利になったと言われるが、それは国民を監視する側にとっても便利になったということでもある。日本でも共謀罪が施行されるのでますます監視社会が進むのだろう。もっともスノーデン氏の告発のおかげで政府の監視活動を監視する動きも生まれていることにかすかな希望も。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エドワード・スノーデン

ノースカロライナ州エリザベスシティで生まれ、メリーランド州フォートミードの影で育つ。システムエンジニアとして訓練を積み、CIA職員となって、NSA契約業者として働く。その公共サービスのため、ライト・ライブリフッド賞、ドイツ告発者賞、真実表明ライデンアワー賞、国際人権連盟からのカール・フォン・オシエツ

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?
  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち
  • 流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」 その年の流行やトレンドを代表する言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」の大賞が決定。ノミネート語も紹介すると同時に、流行... |2015年12月01日 (火) 18:09
    流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」
  • 資産を1円でも多く残すためのノウハウ 資産が5,000万円を超えたら知っておきたい節税のノウハウを相続に強い税理士が語る『金持ちファミリーの「相続税」対策... |2015年10月19日 (月) 12:19
    資産を1円でも多く残すためのノウハウ
  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... |2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 葬儀や法要のこと、健康保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金等の名義変更のこと、相続税のこと。身近な方が亡くなった... |2015年10月16日 (金) 14:13
    『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』

おすすめの商品