エドワード・ゴーリー

人物・団体ページへ

憑かれたポット・カバー クリスマスのための気落ちした気色悪い気晴らし

エドワード・ゴーリー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309276663
ISBN 10 : 4309276660
フォーマット
出版社
発行年月
2015年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19

内容詳細

「我はありもしなかったクリスマスの幽霊である」ゴーリー風味にアレンジされた『クリスマス・キャロル』オールカラー絵本。

【著者紹介】
エドワード・ゴーリー : 1925年、シカゴ生まれ。独特の韻を踏んだ文章と、独自のモノクローム線画でユニークな作品を数多く発表している。またエドワード・リアやサミュエル・ベケットらの作品の挿画、劇場の舞台美術なども手がけた。幻想的な作風と、アナグラムを用いた(Ogdred Wearyなど)ペン・ネームを使い分けて、たくさんの私家版を出版したために、多くの熱狂的コレクターを生みだした。2000年4月15日、心臓発作のため死去。享年75歳

柴田元幸 : 1954年、東京生まれ。アメリカ文学研究者。2005年『アメリカン・ナルシス』(東京大学出版会)でサントリー学芸賞受賞。ほかの著書に『生半可な學者』(講談社エツセイ賞受賞)などがある。2010年、ピンチョン『メイスン&ディクスン』(上下、新潮社)で日本翻訳文化賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    ゴーリー版『クリスマス・キャロル』。元ネタであるディッケンズの『クリスマス・キャロル』はディズニーによる映画版しか知らないのですが、狂言回しの蟲も登場してかなり、へんてこりんな状況になっています。まず、10年も経ってカッチンコッチンになったケーキなんて、ばっちいから捨てなさい!三つの影が厭世家に見せるは人生に起こりうる哀しみ、悲嘆など、気が落ち込むものばかり。でも壁紙盗難事件がまさか、繋がっていたんて。そして何で北海道!?最後の乱痴気騒ぎなんて呆れを通り越して笑えます。

  • マエダ さん

    ストーリーは一応あるが、なんの話なのか全然わからなすぎておもしろい。

  • kinkin さん

    ディケンズの「クリスマス・キャロル」のパロディらしいですが、読んでいない。だからこの本を読んでいてもなにやらさっぱり分からなかった、いや最初から二つ目までが終わってさあどうなるかと楽しみにしていたら見事に裏切られた。しかしそれはそれこれがとエドワード・ゴーリーという人なのだと思ってしまえば。ここまでわからないと笑ってしまう。ますますエドワード・ゴーリーのファンになったような気がする。

  • Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房 さん

    チャールズ・ディケンズ『クリスマス・キャロル』のパロディとの事だが、こちらの方が好み。絵も装丁も素晴らしく、物語では特に『精霊』の役割を務める謎の生物The Bahhum Bugの存在感が強烈だ。柴田元幸氏の解説によれば、ゴーリー流クリスマスブックは、1998年に出版された本作の他、翌年に第二弾The Headless Bust(首なし胸像)が刊行されたとのこと。残念ながら2000年に作者が亡くなり、クリスマス本のシリーズは2冊で終わってしまったが、今年のクリスマスシーズンにはその続編を読んでみたい。

  • ★YUKA★ さん

    『エドワード・ゴーリー誕生日読書会』 クリスマス・キャロルのパロディということですが、クリスマス・キャロルを読んだ事が無いので、クリスマス・キャロルを読んだ後に再読してみます(о´∀`о) 柴田さんのあとがきにもありますが、本当に絨毯は凝っていますね(笑) 続編も楽しみです★

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

エドワード・ゴーリーに関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品