エドウィン・ティノコ

人物・団体ページへ

パヴァロッティとぼく アシスタント「ティノ」が語るマエストロ最後の日々

エドウィン・ティノコ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784865592207
ISBN 10 : 4865592202
フォーマット
発行年月
2020年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
312p;19

内容詳細

目次 : ■序曲 / ■リハーサル / 出会い/パヴァロッティ以前/パヴァロッティがリマに来た / 初めて見るコンサート/旅立ち / ■第1幕 / パヴァロッティのもとへ/熱狂のリオ/アマゾンからニューヨークへ / ニューヨークの日々/ブエノスアイレスでの乾杯 / コロンビアの歓迎/ジャマイカの風/METの初日 / ロンドンの『仮面舞踏会』/メラーノでダイエット / ロンドンの楽屋で/マイ・ウェイ / パヴァロッティの友達/離婚 / ■第2幕 / エリック・クラプトン/東京のペンネ・アラビアータ / レディDの死/ピースメッセンジャー/膝の手術 / ペーザロでのリハビリ/生き返ったパヴァロッティ/同窓生 / ぼくの太陽/逃亡者/サプライズ/ラッキーのお返し / 母親との別れ/METスキャンダル/父親の死 / 引退発表/モデナの鐘楼/喜びと悲しみと/新しい家族 / 結婚式のトランプ/パナマ帽/さよならツアー / 70歳のバースデイ/トリノ・オリンピック開会式 / ■第3幕 / 最後のヴァカンス/脊椎の手術/希望/冷酷な知らせ / イタリア帰郷/生きることへの熱意/思いがけないお祝い / 家族/グラニータ/別れ/幕 / *<パヴァロッティのアシスタントの覚え書き> / 日本語監修者あとがき / 訳者あとがき

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • スプリント さん

    パヴァロッティの人間的魅力がわかる本です。

  • chuji さん

    久喜市立中央図書館の本。2020年9月初版。訳下ろし。オペラは門外漢ですが、この本はPavarottiの人間話なのでした。気遣いの出来るSUPERSTARなのでした。

  • しーたか さん

    知った頃からずっと三大テノールだったので、ツルまないといかんの?と思っていたが、あにはからんや。 サービス精神にあふれたスターは辛いのだなと。

  • massda さん

    晩年、人の好いスターを、乾いたぞうきんを絞るように酷使して稼がせているので読むのがつらい。高級ワインより地元のランブルスコが好きだったんだろうな、というエピソードがあってさすがイタリア人だと思った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品