ウィリアム・スタイグ

人物・団体ページへ

ぬすまれた宝物 児童図書館・文学の部屋

ウィリアム・スタイグ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566010710
ISBN 10 : 4566010716
フォーマット
出版社
発行年月
1977年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,94p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぼんくら さん

    冤罪と許しのお話。絵も文もスタイグ。とてもいいお話です。

  • april-cat さん

    永らく積読状態だったのをついに解消。全く違うストーリーだけど、登場人物たちがいろいろと気持ちを反芻するところや、ちょっとこの先どうなるのだろう、というサスペンス感(?)がロバのシルベスターやアイリーンと似てる気がする。これがスタイグの持ち味なのかな。

  • 光 さん

    娘の本棚から。さらりと軽く読めるかと思いきや、ドキリとさせられる内容でした。宝物が盗まれ、鍵を持っているガーウィンが疑われます。人の心のはかなさ。苦悩が見事に描かれていました。児童書だけど、大人が読んでも考えさせられる良書だと思います。

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    信頼が疑心暗鬼になり、冤罪のため罰せられようとしたガーウェイン。 怖さのため名乗りを上げられず、ガーウェインを落とし込んだことで、罪悪感を深める真犯人のデレック。 ガーウェインが犯人でないことを知った王様は、ガーウェインを疑ったことを悔やみ、街のみんなもことの顛末に振り回せれます。 信頼って、結構もろいものだと語られているように思いました。 でも、信頼を回復するところはとても興味深いものです。 この物語の中に、真の悪者はいないのでしょう。 わかりやすい物語ですが、意外と奥深く考えさせられる内容でした。

  • まみっち さん

    ガーウェインが、ちょっとかわいそうだった。デレックは、人の物を盗んだりしないことを約束してほしい。でも最後に穴をふさいだのはえらい!(宝石を返したことも。)とにかくこの本はおもしろかった。色んな人に読んでほしい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ウィリアム・スタイグ

1907年、ニューヨーク生まれ。芸術家一家に育つが、大学時代は、全米水球チームを作ったほどのスポーツマンでもある。また、ナショナル・アカデミー・オブ・デザインの一員でもあった。1930年、初めて漫画が雑誌“The New Yorker”に載ると読者の反響が大きく、連載となった。それ以降、漫画を描きつ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品