ウィリアム・スタイグ

人物・団体ページへ

ぶたのめいかしゅローランド 評論社の児童図書館・絵本の部屋

ウィリアム・スタイグ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566001008
ISBN 10 : 4566001008
フォーマット
出版社
発行年月
1975年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
31cm,32p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ゆうゆうpanda さん

    絵が可愛くて目についたので借りました。くいくいっと、勢いよくサインペンみたいなので描いた黒い線。そこに乗せられた絵の具が瑞々しくて綺麗です。ぶたのローランドはシンガーソングライター。村の祭を盛り上げます。仲間の薦めでもっと有名になるべく中央に出る旅へ。途中で狐に会いました。狐といえば騙し討ち。友達のふりして命を狙います。原宿とかでスカウトされる若い方!いい人ばかりじゃないからご注意を〜という主題?見出だして助けてくれるのはライオンの王様。動物の話は面白くていいね。でも…肉食獣たちは何を食べたらいいのやら…

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    物語といい絵といいスタイグらしい絵本です。 歌の上手なブタのローランドと、歌より食い気のきつねのセバスチャンの旅は危険いっぱいでしたが、最後にはローランドの歌声で救われました。 それも誰をも魅了する歌声を持っていたからこそですね。 ローランドのおっとり感と、きつね以外のだれもが応援したくなるオーラが絵にあふれているように思いました。

  • sui さん

    ロバよシルベスターの作者、ウィリアム・スタイグさんの絵本。歌の上手なブタのローランド。ある日友達に言われた事から思い立ち、歌手になって富も名声も手に入れようと旅に出ます・・・。本当にこの人の絵本は、先が読めなくて、独特のユーモアがあって面白い。今回も主人公には、これでもか!と災難が降りかかります。でも最後はちゃんとハッピーエンドですよ。動物たちの表情が楽しいです。

  • シュエパイ さん

    親しい仲間の前で歌う彼の歌声も、王様の前で歌う彼の歌声も、どちらも聞いてみたいのだけれど。本当に一番聞いてみたいのは、たった一人、孤独が胸から零れだして歌った、あの夜の歌声なのです。

  • 亮さん さん

    悪い狐は捕まり牢屋に。ローランドは無事に宮廷の歌手に。ハッピーエンド!!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品