ウィリアム・サマセット・モーム

人物・団体ページへ

サミング・アップ 岩波文庫

ウィリアム・サマセット・モーム

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784003725016
ISBN 10 : 4003725018
フォーマット
出版社
発行年月
2007年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,372,13p

内容詳細

劇作家としても小説家としても功成り名遂げた六四歳のモーム(一八七四‐一九六五)が、自分の生涯を締めくくるような気持で書き綴った回想的エッセイ集。人間、人生、文学、哲学、宗教等の多岐にわたる話題が、モーム一流の大胆率直さで語られる。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • thayami さん

    文芸論はもちろんだが、哲学・宗教を含めた人生観・人間観を通して、著者自身の価値観に辿り着く過程を垣間見る。真・美・善の理想。故の「悪」と「善」の件が興味深い。印象的なのが、精神的な紆余曲折を通した自らの”不完全性”を語る件。特に恋愛を通した”距離感”に、矛盾ではなく葛藤が滲む点。時間と心の解放という感。蛇足だが、”観客評”は言い得て妙で、思わず苦笑い。

  • 佐島楓@勉強中 さん

    ソリッドな知性を持っている方だ。こういうタイプは誤解を受けやすいのだろうし、実際にそういったことも書いてある。商業的な作家であることについて、多くの示唆を受けた。

  • いつも さん

    〈本書を書く目的の一つは長いあいだ心に取り憑いていて落ち着けなくなっていたいくつかの思いから、自分を解放することである〉とモームは云う。本書において意見をまとめ、心を思索に調整していると作品群で作中人物になりきって述べてきたことと重複する。だからサミング・アップと名付けられた。モームは体が弱く社会でそれが不利に働いても、不安で寂しくても〈自分の計画した人生模様〉を織り上げていき、精一杯、生きた証を形にして残した。感覚的な刺激に飢えていて過度になることを恐れず大きい振り幅をもち真ん中で重心を取り成立させた。

  • KAZOO さん

    私の年代の大学入試を経験した人で、この本やジョージ・オーウェルのアニマル・ファームを原文で読まれた方がいられるのではないかと思います。決して難しい単語を使用しているわけではなく、文章もあまり長くなかったのに手こずった覚えがあります。日本語で読んでみるとわかりやすく、私の興味を引く随筆などがかなり入っています。読んでみてもう一度原文にチャレンジしようという気が起きてきました。

  • 壱萬縁冊 さん

    1938年初出。文学に生き方を求めた日本人(解説361頁)とは、生き方のモデルを模索する時代であれば尚更。「語彙は感傷的である。豪華な金模様のイタリアの錦織を思わせるのでなく、バーン・ジョーンズがデザインし、モリスが制作したカーテン素材を思わせる」(35−36頁)。語彙の品格か。「ラスキンを1ページ読むのは楽しいけれど、20ページとなるとうんざりする」(45頁)。そうかな? 著者は虚弱で恥ずかしがり屋(61頁)。恥をしる文人は貴重。良い趣味の人に読書指導されていればよかったと回想(104頁)。合点がいく。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ウィリアム・サマセット・モームに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト

  • 作成者:nobさん