黄金の少年、エメラルドの少女 河出文庫

イーユン・リー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309464183
ISBN 10 : 4309464181
フォーマット
出版社
発行年月
2016年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
325p;15

内容詳細

現代中国を舞台に、代理母問題を扱った衝撃の話題作「獄」、心を閉ざした40代の独身女性の追憶「優しさ」、愛と孤独を深く静かに描く表題作など、珠玉の9篇。O・ヘンリー賞受賞作2篇収録。

【著者紹介】
イーユン・リー : 1972年北京生まれ。北京大学卒業後、アイオワ大学大学院で免疫学の修士課程修了。その後、同大学創作科で学ぶ。2005年『千年の祈り』で作家デビューし、多くの文学賞を受賞。カリフォルニア州在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    この作者の作品集を読むのは「千年の祈り」に続いてのもので9つの作品が収められている短編集です。前作で非常に感銘を受けたのでこの作品を手に取りましたが外れなしです。中国での出来事を英文で発表している作家ですが、現在の中国の状況をよく書かれています。特に最初の「優しさ」と「獄」は物語としては非常に優れたものだと感じました。両方とも賞を取っているのですね。将来のノーベル賞候補でしょう。ウイリアム・トレヴァーに影響を受けているということなので彼の作品も読んでみたい気がします。

  • metoo さん

    贅沢な短編集。才能が溢れる。洗練され、温かい。観察眼優れ、文章が響き合う。「優しさ」は、軍に入隊した経験を持つ北京に一人で暮らす41歳の女性が過去を回想する。著者リーの人生に重なる部分がある。読書の楽しみを教えてくれた孤独な杉教授、入隊した女性達、様々な人生が交錯するが、望まれても誰とも深く関わらなかった私。優しさごっこをするのが優しさではないのでしょう。他8編、どれも中国の昔と現代、貧富の激しい階級社会、インターネット漬け、孤独な都会の人々、様々な視点から人々へ温かい眼差しが向けられている。

  • thayami さん

    全作品の共通項は「孤独感」。悲喜こもごもの過去の経緯が齎す差異。経緯の根底に愛情。『優しさ』の主人公の”静かなる”葛藤が印象的。古代言語が、母の証であり起点。教授と中尉の海外文献の”表裏”を経て辿り着く南の歌(詞)。「文字」ですね。次に『花園路三号』は「音」。気付くと起点に立ち戻っている主人公の二人。常氏、運命の縛りが解けたかな。最後に表題。無意識に積もった家族や愛情への不安。気付くと、居場所探しする中でのめぐり逢い。光を求め、支えを模索し、一歩踏み込む。母が吐露する件が最後の砦という感。

  • 14番目の月 さん

    イーユンリーさんの短編集2冊目。 どのお話も、中国独特の結婚観や家族観が垣間見える、いい意味でも悪い意味でも。親に縛られた生きにくさも感じた。 表題作のオマージュとされる「三人」がとても気になるのだけれど、邦訳されていないとのこと、とても残念です。 原作はもちろんですが、翻訳の素晴らしさも感じます。 何気ない繊細な表現に心を打たれます。

  • ちえ さん

    イーユン・リーの小説を読んでいると体の中にぽっかりと空間が出来る。そこでは人々が愛する気持ちを密やかに隠しながら生活し、ずっと住んでいる古いアパートの部屋やまばらにしか人がいない公園で誰かに中国の古い諺を口にする。 彼女の小説を読むと過去にあった私自身の寂しさやこれから出会うだろう寂しさを思わされる。とても寂しいのに引き寄せられる。「優しさ」「花園路三号」「流れゆく時」「黄金の少年、エメラルドの少女」が好き。今回、旅行中に読んだ。しとしとと止まない雨が彼女の小説にとても合っていた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品