イマニュエル・ウォーラーステイン

人物・団体ページへ

ヨーロッパ的普遍主義近代世界システムにおける構造的暴力と権力の修辞学

イマニュエル・ウォーラーステイン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784750328256
ISBN 10 : 4750328251
フォーマット
出版社
発行年月
2008年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,189p

内容詳細

人権や民主主義、市場の優越性、科学的実証性などの概念は、「普遍主義」という暴力に支えられているのではないか。16世紀から21世紀の現在までを貫く暴力を、世界システム論に基づいて具体的に検証する。

【著者紹介】
イマニュエル・ウォーラーステイン : 1930年生まれ。ビンガムトン大学フェルナン・ブローデル経済・史的システム・文明研究センター所長。イェール大学シニア・リサーチ・スカラー。1994‐98年、国際社会学会会長。93‐95年には社会科学改革グルベンキアン委員会を主宰、そこで交わされた討論リポートを『社会科学をひらく』(邦訳、藤原書店)としてまとめた。世界システムの理論構築の草分けとして知られ、『近代世界システム』全3巻(邦訳、岩波書店・名古屋大学出版会から計4巻)の著作は有名

山下範久 : 1971年生まれ。ビンガムトン大学社会学部大学院にてウォーラーステインに師事、東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。北海道大学大学院文学研究科助教授を経て、立命館大学国際関係学部准教授。専攻・世界システム論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Yuri Mabe さん

    ヨーロッパ的普遍主義とは、著者の打ちたてた「世界システム論」によって現代に至るまでの枠組みを解釈したものである。この一冊でようやく先に読んだ同著者の『知の不確実性』は、世界システム論のうち官僚的大学システムを掘り下げたものだと理解できた。その中でも社会科学への科学的手法の流入の批判があるが、それはうまくいってないのではなく、まだうまくいってないだけなのでは?と個人的には思う。余談だが英語タイトルからゲームのEuropa Universalisを想起せざるを得ない。

  • 抹茶ケーキ さん

    これまでの世界において「普遍主義」の名の下に広められてきたのは「ヨーロッパ普遍主義」だった。このシステムは、1.野蛮に対する普遍的価値(≒植民地主義)、2.本質主義的個別主義(≒オリエンタリズム)、3.科学的普遍主義の三つの正統化手法を用いて、その力を維持してきた。これが現在揺らぎ始めている。これからの史的システムは、「普遍的普遍主義」、つまり真に普遍的な価値を求めなければならない。みたいな話。講演がもとになっているらしく、わかりやすくてよかった。ウォーラーステインの他の本も読んでみようと思った。

  • シュークリーム・ヤンキー さん

    大学のゼミで読んだ。著者の世界システム論は西洋中心主義的だと批判されているが、この本も同じ傾向がある気がした。「ヨーロッパ中心の近代システムが崩壊していて、いまは新システムへの移行期だ」というのが彼の見解。しかし、この主張は「世界"全体"が"同時に"同じ方向へ変化している」という印象を抱かせる。そこに違和感を感じた。そしてその論拠となっているのも、主にヨーロッパを中心に起きている事象だ。彼は安易な「大きな物語」の否定に批判的だから、この立場はわからなくもないが、もうちょっと多角的な分析が欲しかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品