イザーク、ハインリヒ(c.1450-1517)

人物・団体ページへ

SACD 輸入盤

作品集 サヴァール&エスペリオンXXI、ラ・カペラ・レイアル・デ・カタルーニャ

イザーク、ハインリヒ(c.1450-1517)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
AVSA9922
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

サヴァール最新盤!
15世紀末〜16世紀初頭の最重要作曲家
ハインリヒ・イザークの作品集


「インスルブルックよ、さらば」がとりわけ有名な、ハインリヒ・イザーク(1450-1517)。14世紀の中頃から15世紀中ごろまで続いた百年戦争が終わったころ、メディチ家が最盛期を誇り、宗教改革の機運が高まっていた時代に活躍しました。1485年からはロレンツォ・デ・メディチの宮廷音楽家となり、宮廷楽長のほか、子供たちの音楽教師も務めていました。そして1490年代の終わりには神聖ローマ帝国のローマ皇帝マクシミリアン1世に仕え、ドイツ各地を旅し、当時のドイツの音楽界に多大な影響を及ぼしました。いわば当時の最高権力者に仕えた、当時の音楽界の再重鎮といえます。サヴァールはこのアルバムで、イザークの生涯をたどるかたちで様々な楽曲を配し、「インスブルックよ、さらば」だけではないイザークの魅力と、当時の時代の空気を私たちに伝えてくれます。(輸入元情報)

【収録情報】
ハインリヒ・イザーク(1450-1519)〜ロレンツォ・デ・メディチとマクシミリアン1世の時代
1.メディチ家のファンファーレ:Palle,palle(器楽曲)
2.モテット/歌曲:Parce,Domine
3.La morra(器楽曲)
4.モテット(4声):Sustinuimus pacem
5.歌曲:Innsbruck, ich muss dich lassen(「インスブルックよ、さらば」)
6.祝いの歌:Hora e di maggio
7.A la battaglia(器楽曲)
8.アンジェロ・ポリツィアーノ:ラメント「Quis dabit capiti meo aquan」
9.モテット:Sancti spiritus assit nobis gratia
10.モテット(6声):Angeli, Archangeli
11.器楽による歌: La Mi La Sol
12.モテット(6声):Optime Divino date munere pastor ovili
13.モテット:Circumdederunt me
14.歌曲(リート):O Welt, ich muss dich lassen(作詞者不明)
15.モテット(6声) (Contrafactum de Virgo prudentissima) : Christus, filius Dei

 エスペリオンXXI
 ラ・カペラ・レイアル・デ・カタルーニャ
 ジョルディ・サヴァール(指揮)
 録音時期:2016年12月23日、2017年1月19日
 録音場所:スペイン

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
Jordi Savallとしては、意外にも珍しい、ル...

投稿日:2018/02/20 (火)

Jordi Savallとしては、意外にも珍しい、ルネサンス・フランドル楽派の本格的な作品集ですが、CD冒頭の器楽ファンファーレでびっくりしました。Savallのライナーにも楽曲解説にも何も触れられてませんが、この”Palle,palle”は、Guillaume Dufayの名シャンソン”Se la face pale”の旋律を元に作られており、Josquinの同時代人であるHeinrich Isaacも、この旋律によるパロディ創作を行っていた事を初めて知りました。CD全体は、いかにもSavallらしい、一本のコンセプトの元にIsaacの生涯を紡いでいくようになっており、様々な形式の曲を織り交ぜながら、決して飽きさせないように作られてるところはさすがです。しかしながら、主な部分を占める Isaacの多声モテットにおいては、やはり日ごろのレパートリーとは異なるからか、近年数多あるルネサンス音楽を専門にする合唱団体に較べると、どうしても声部声部の厳格さ、独立性、そして楽曲構造の再現のクリアさが今一つで、ここらへんはIsaac yearで近年出た、Cantica SymphoniaやEnsemble Gill Binchoisなどの強烈に透徹した声楽表現には、この巨匠といえど、明らかに及んでいません。やはり畑の違いは如何ともし難い、というところでしょうか。ただその代わり、高名な「インスブルックよさらば」はそれこそ、涙の出るほどの美演で、これだけでも購入の価値はあるかも知れません。バロック・ルネサンス音楽ファンなら持っておかれてよい佳演盤と思います。

mimi さん | 兵庫県 | 不明

1

イザーク、ハインリヒ(c.1450-1517)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品