コレットのにげたインコ

イザベル・アルスノー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784033484402
ISBN 10 : 403348440X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
40p;24

内容詳細

うそつきはともだちのはじまり!?ちいさな「うそ」がつれてきた、知らないまちのあたらしいともだち。5歳から。

【著者紹介】
イザベル・アルスノー : イラストレーター。6年連続で『マガジン・デュ・ケベック』のグランプリを受賞。おもな絵本に、『アンナとわたりどり』(ニューヨークタイムズ最優秀絵本賞、西村書店)『きょうは、おおかみ』(カナダ総督文学賞、きじとら出版)など。『ジェーンとキツネとわたし』(西村書店)では、ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞とカナダ総督文学賞をダブル受賞した。カナダのモントリオールで、夫とふたりの子どもとくらしている

ふしみみさを : 1970年、埼玉県生まれ。上智大学仏文科卒。フランス語と英語を中心に、海外の絵本や児童書を精力的に紹介・翻訳している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ☆よいこ さん

    引越しできたばかりのコレットはペットが欲しいけどママに反対された。いじけて外に出たコレットは出会った子ども達に「何してるの」とたずねられ、「にげたインコを探してる」とウソをついてしまう。子ども達は親切にインコを探して回る。だんだんと探してくれる仲間は増えて、どんなインコか聞かれる度にウソが増えていく。最後にはインコが大きくなって、背中に乗って旅をして、ジャングルでガラガラヘビを食べたとか…。▽いいお友達ができてよかった。

  • たまきら さん

    動物が飼いたい女の子が、とんでもない嘘をついてしまいそれが雪だるま式に大きくなっていくお話です。少し心配になりつつも、出会った新しい友人たちの前向きなとらえ方にニッコリ。娘はうそつきなお友達が一人いて、いらだったり笑ったりしているんですが、うそも楽しければ許してあげたいな、と思えているのかな?いろいろ親のほうが考えさせられた一冊です。

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    引っ越してきたばかりの女の子コレットのちょっとした嘘が、周りの子どもたちと知り合うきっかけになって、次第に嘘も友だちの数も大きくなっていきます。 インコのプロフィールを、子どもたちは嘘だと見抜けないのでしょうか?   嘘だと解って付き合ってくれているのだったら、明日も楽しいでしょう。 そうでなかったら、明日は針のむしろかも知れません。 ちょっとスリル感のある終わり方が気になりました。

  • gtn さん

    コレットが癇癪を起こしたおかげで、仲間と世界と智慧がどんどん広がっていく。

  • ochatomo さん

    イザベル・アルスノーさん初オリジナル絵本 ペットを探すやさしい子ども達に、同じアメリカ絵本「ぼくのいぬがまいごです」を連想した 原題“Colette's Lost Pet” 元本2017年 2019刊

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品