イザベラ・l・バード

人物・団体ページへ

イザベラ・バードの日本紀行 上 講談社学術文庫

イザベラ・l・バード

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784061598713
ISBN 10 : 4061598716
フォーマット
出版社
発行年月
2008年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,493p

内容詳細

一八七八年、横浜に上陸した英国人女性イザベラ・バードは、日本での旅行の皮切りに、欧米人に未踏の内陸ルートによる東京‐函館間の旅を敢行する。苦難に満ちた旅の折々に、彼女は自らの見聞や日本の印象を故国の妹に書き送った。世界を廻った大旅行家の冷徹な眼を通じ、維新後間もない東北・北海道の文化・習俗・自然等を活写した日本北方紀行。

目次 : はじめて目にした日本の眺め/ 富士山の姿/ 混成の都市/ 日本のサンパン/ 人力車/ 滑稽な運ばれ方/ 紙幣/ 内陸旅行の障害/ ハリー・パークス卿/ 大使の乗り物〔ほか〕

【著者紹介】
イザベラ・バード : イザベラ・ビショップ。1831〜1904。イギリスの女流旅行作家。イギリス王立地理学会特別会員。1881年、結婚によりビショップと改姓。世界の広範な地域を旅行し、その旅行記はどれも高い評価を得ている

時岡敬子 : 福井県生まれ。上智大学外国語学部卒業。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • レアル さん

    明治11年の日本を東京から函館まで単身旅行したイギリス人女性の手記。妹への手紙という構成なので、歯に衣着せぬ物言いだが、日本という国を冷静に観察し細かく書かれている。英国人から見た日本というものから教えられるのもがあったり、人種が違うと考え方も違うんだなぁ!なんて様々な事を思いながら、興味深く読んだ。日本人から見ると辛辣な物言いに聞こえるが、きっとこれがイギリスから見た日本だったのだろう。彼女の洞察力の鋭さに感銘しながら下巻へ〜♪

  • Gotoran さん

    既読の渡辺京二著『逝きし世の面影』で紹介されていた幕末・明治の外国人訪日日記の1つ(本書上下巻)。1878年(M11年)に来日した英国人女性旅行家I.バード。本書上巻では、東京から日光、会津若松、新潟、山形、秋田、青森、蝦夷・函館までの東北縦走の大冒険旅行記。江戸が色濃く残る田舎の原風景や庶民の素朴な生活が、険しい山道、粗末な食物、騒音と悪臭、無遠慮な視線、蚤と蚊の襲撃、大雨による増水等に悪戦苦闘しつつも、外国人の鋭い観察眼で、時に冷やかに時に温かく、生き生きと描き出されている。素晴らしいの一言!

  • ヨーイチ さん

    厚い文庫で上下巻。ボリュームで圧倒される。英国人旅行家バードによる明治11年・日本東北地方の詳細な観察と記録。因みにこの人女性です。いかなる情熱が女史をして「遅れた僻地」に向かわしめたのか、感服するのみ。以外な程読みやすかったのは、訳が良いのであろうが、妹に宛てた書簡集であるせいか。後は客観的で公正な精神も関係していると思う。その内容は日本百科と言える程多岐に渡っている。迷信、諺、婚礼、葬式、治療、食物、等々。旅程もここまで詳細だと立派な資料である。これで道路、運送、渡川などが分かる。続く

  • こよみ さん

    当時の日本はなかなかの異次元ですがイザベラさんは率直に批判して褒めるところ褒める あと喫煙するやつは部屋から出てけな

  • てん さん

    明治の最初期に外国人女性が陸路を青森まで、そして北海道へ旅をするのは驚きだ。それ以上に驚くのはその手紙での描写が詳細であること。観察力も素晴らしいが、これだけの量の手紙を残したことも素晴らしい。日本全国、時代劇の街並みのようだったのかと思えば、想像以上にひどい状況ー人々は裸同然、夜はノミやカに気を付けないといけない。でも彼女は何のために日本を旅したのか。下巻があるのだが、ボリュームを思ってちょっとひるんでいる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品