イサク・ディネセン

人物・団体ページへ

アフリカの日々 河出文庫

イサク・ディネセン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309464770
ISBN 10 : 4309464777
フォーマット
出版社
発行年月
2018年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
526p;15

内容詳細

北欧の高貴な魂が始原の大地に出会うとき、奇跡のようなエッセイが生まれる。天性のひらめきをもつ料理人カマンテ、美しきガゼルのルル、時代から追放されたイギリス人デニス、見事な踊り手でもある土地の古老たち。風と合体し、土地の匂いに同化したものだけが、ここでは生きていられる。世界文学の金字塔。

【著者紹介】
イサク・ディネセン : 1885年デンマーク生まれ。本名はカレン・ブリクセン。20代から短篇を発表しはじめる。1914年ケニアに渡り、広大なコーヒー農園を経営。31年に帰国後、『アフリカの日々』などを発表し、世界的に高い評価を得る。1962年逝去

横山貞子 : 1931年群馬県生まれ。英文学者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • やいっち さん

    イサク・ディネセンの「アフリカの日々」は印象に残る作品だった。彼女がアフリカの風土やアフリカ人の発想法にどこまで迫れたかは分からないが、アフリカ的時間の過ぎ方に馴染もうとした、その恩徳を超えた努力が垣間見える。  うっかり過ごし方という表現をしたが、時間というのは時計で計るような、分や秒単位で刻まれるものではなく、人は(おそらくは動植物も含め)時間の中に生きている。時間とじっくりゆっくり寝ている。ひととの付き合いも、できればすこしでも長く同じ時空を共有したいと心底から願っているのだ。

  • コジ さん

    ★★★★★ およそ100年前、つまり第一次世界大戦前に移民としてアフリカ渡り農園を営んだ著者の回想録的な作品。雄大にして神秘的なアフリカの大地と動物達、そこに暮らす敬虔で実直な人々に注がれる著者の敬愛が語り尽くされ、ページを捲ると目の前に広がる大平原、異文化を体現する土地の人々にアフリカに魅了されてしまった。単なるアフリカ賛美の言葉が並ぶのではなく、冷静且つ客観的なのに美しい文章でそれらを表現しているのが良い。これまで読んだ本の中で読了まで最も時間が掛かったが、それに見合うだけの素晴らしい読書体験だった。

  • 風に吹かれて さん

    1937年刊。イサクは、1914年〜1931年、ケニア(当時はイギリス領東アフリカ)でコーヒー農園経営。キクユ族、ソマリ族、マサイ族との交流の中で知る彼らの気高さや農園に訪ねてくるイサクの友人について語る。長年暮らしてきている現地の人々が守る生活や棲んでいる土地における自然に対する保護者のような思い、アフリカにやって来るヨーロッパ人の、直接には書いていないけど、ヨーロッパで塞がれた息を開放するような安堵。➡

  • D さん

    月は沈み スバルの星々は沈み 真夜中はすでに去り かくて時はすぎ 時はすぎ 横たわる我はひとり

  • TERRY さん

    西洋人にありがちな有色人種への蔑視が感じられないので、決して読みやすい本ではないですが気持ちよく読了できました。例えば古典の随筆(枕草子や更級日記など)を読んでる感じです。ただ、映画「愛と哀しみの果て」の原作を期待して読むと大変なことになります(笑)!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

イサク・ディネセン

1885年デンマーク生まれ。本名はカレン・ブリクセン。20代から短篇を発表しはじめる。1914年ケニアに渡り、広大なコーヒー農園を経営。31年に帰国後、『アフリカの日々』などを発表し、世界的に高い評価を得る。1962年逝去

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品