イアン・マクドナルド

人物・団体ページへ

サイバラバード・デイズ 新☆ハヤカワ・SF・シリーズ

イアン・マクドナルド

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784153350038
ISBN 10 : 4153350036
フォーマット
出版社
発行年月
2012年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
462p 19cm

内容詳細

分離戦争まっただなかのインド。サンジーヴの村にも戦火がおよぶ。アニメさながらの巨大ロボットの戦いに、子供も大人も大喝采。ロボット戦士にあこがれて、サンジーヴは都会へと向かうが…「サンジーヴとロボット戦士」、ダンサーのエシャは、レベル二・九という高い知性を持つAIの外交官A・J・ラオに求婚される。怖ろしいまでに魅力的な彼に、エシャはすっかり夢中になるが…。AIと人間との結婚が産みだす悲喜劇を描き、ヒューゴー賞、英国SF協会賞を受賞した「ジンの花嫁」など、猥雑で生命力あふれる近未来のインドを描く連作中短篇7篇を収録。

【著者紹介】
イアン・マクドナルド : 1960年、英国マンチェスターの生まれ。5歳の時、北アイルランドに移住。大学では心理学を専攻するが中退。1988年に発表した第一長篇『火星夜想曲』でローカス賞を受賞。1991年発表の『黎明の王 白昼の女王』でディック賞を受賞。2004年刊行のRiver of Godsは、英国SF協会賞を受賞している

下楠昌哉 : 1968年生、文学博士、上智大学大学院博士後期課程修了。同志社大学文学部教授

中村仁美 : 東京大学文学部卒。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    昨今、IT化が発展しているインドを舞台にしたSFに出会ったのは『ねじまき少女』とこの本でした。「カイル、川に行く」はカースト制へ「特権階級とITに関係する西洋人のみが享受できるハイテク社会の箱庭」という要素をプラスすることで決して混ざり合うこともない断絶を際立たせ、苦い余韻を残します。また、「小さな女神」で初潮を迎える=女の体になると神聖を失うとされる少女神が少女になるきっかけにコム(通信機)=「俗世のもの」に触れたからというのはシビアすぎます。しかし、それでも生きようとする逞しさは眩しかったです。

  • 日向とわ さん

    面白かった!分割した未来のインドを舞台に超知性やAI、第三の性、ネットワークに存在する複数の人格AIを描く。7つの短編どれも面白かった。なかでも好みは「暗殺者」、敵対する二つの家、ロミオとジュリエットの過激版?と勘繰ったけど、題名がこれなので・・最後はなんとも 「小さき女神」神になった少女、ワイヤーから落ちて死んだ叔父を笑いながらみていたところから神の資質は・・・神ではなくなってからも面白い 「ジンの花嫁」「ヴィシュヌと猫のサーカス」も良いです。好きです。

  • 宇宙猫 さん

    ★★★ 挫折。近未来のインドを描いた作品で、まあまあ面白かったんだけど、下楠さんの訳の話が読めなかった。(この本は下楠昌哉さんと中村仁美さん2人の訳)それが訳のせいか内容のせいかは分からない。

  • bowmorelover さん

    2047年、八つの国に分裂したインドを舞台にした連作短編集。ナノテクノロジーやサイバー空間などの拡張現実。人口の偏りが生んだ奇妙な婚活。遺伝子操作にAIとの結婚。長い少年時代を過ごさればならない男性。さまざまなSFガジェットで楽しめる短編集。

  • アルビレオ@海峡の街 さん

    2030〜2050年代、近未来のインドのおはなし。カレーとITの国というイメージのインドをこうまでSF的に昇華させたところがすごい。AIの進化と、脅威、ホークとパーマーによるコミュニケート(まるでサイバースペースへのジャックイン!)それよりはもっとナチュラルか。散りばめられたガジェットはワクワクもの。ブラーミンはAKIRAに出てくる、あの子供大人たちを思い浮かべた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

イアン・マクドナルド

1960年イギリス・マンチェスター生まれ。1989年、デビュー長編『火星夜想曲』でローカス賞第一長編部門を受賞。以来、2007年にヒューゴー賞、1992年‐2010年のあいだに英国SF協会賞5回、1991年にフィリップ・K・ディック賞を受賞するなど、現代のイギリスSFを代表する作家として活躍している

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド