イアン・スチュアート

人物・団体ページへ

数学の真理をつかんだ25人の天才たち

イアン・スチュアート

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478104071
ISBN 10 : 4478104077
フォーマット
出版社
発行年月
2019年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
426p;19

内容詳細

アルキメデス、フワーリズミーに始まり、ニュートン、ガロア、ポアンカレ、ラマヌジャン、マンデルブロへと至る――古代の偉人から近代の碩学まで、新しい数学の世界を切り拓いた天才たちの25人の物語を、世界最高の数学エッセイスト、イアン・スチュアートが書き下ろす!

【著者紹介】
イアン・スチュアート : ウォーリック大学数学部教授。英国の第一線の数学者でありポピュラーサイエンス書の著者としても世界的に有名。2001年に、王立協会のフェローとなる。新聞や雑誌の記事の執筆、テレビの科学番組への出演なども積極的に行っている

水谷淳 : 翻訳者。主に科学や数学の一般向け解説書を扱う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • やいっち さん

    アルキメデス、アル=フワーリズミー、ニュートン、オイラー、ガロア、リーマン、ポアンカレ、チューリング、ラマヌジャン、マンデルブロなど、世に知られている数学者らもだが、本書では、「オーガスタ・エイダ・キング:数の魔女」 「ソフィア・コワレフスカヤ:初の偉大な女性」 「エミー・ネーター:学問の慣例を覆す」と、大方の数学史の本ではあまり扱わない女性の数学者にも目配りしていることが特色だろう。

  • Emi Jinguji さん

    2010年、ISSEY MIYAKEが発表した「ワープ」は、数学者ウィリアム・サーストンの幾何学図形に触発されたコレクションアイテムでした。数学の概念が視覚化された意匠が強く印象に残っています。本書では、このサーストンを含む25人の天才数学者を取り上げています。独創的で型破りで問題を直感的に理解する等々、彼らにはいくつか共通の特長があります。時にブレイクスルーを起こす新しい数学はどのように誕生したのか?彼らの人生に重ねて、抽象的な事柄と具体的な事柄が複雑に結び付いた、そのプロセスを辿ります。

  • 上田氏 さん

    よりすぐり25人の数学者について、そのバックボーンと功績、生涯を追う。一般書であるからして数式や作図は少なめに書かれているが、そのことにより却って、ある程度数学の素養がある読者向けになっているきらいがある。主題は数理そのものよりも数学史であるとはいえ、その人物らが対峙した問題そのものを理解するには、いささか記述が簡潔すぎて門外漢には理解しづらい。さておき、これまで読んできた数学偉人伝とは人となりの捉え方が異なる点があり、興味深い。人間のクズが如く描かれがちなカルダーノも、本書では弁護するように書いている。

  • DEE さん

    古くはアルキメデスから、計25人の数学者のエピソード集。それぞれで簡単な生い立ちやその後の人生も語られているが、最初から神童だったり、何かのきっかけで数学に目覚めたりと実に様々。 でも共通して言えるのは人生を通して数学漬けだということ。 数式を使わず(使ったところで理解できないけど…)説明しているため回りくどい言い方になっている部分もあるけど、なんとなくでも想像がつくと本当に面白い。 そしてその偉大さにほんの少しだけ触れられる。

  • ラッキー55 さん

    本の体裁が横書きで左開け、正に学術論文集 のようである。フェルマーの本の中にも登場 した数学者も何人か紹介されていた。途中ま で勘違いしていたが、天才たちであって、数 学者じゃないのね。ニュートン、オイラー、 フーリエ、ガウスはどちらかというと、物理 学者であり、物理学を表現、解析するために 数学を発展させた。面白かったのは、フラン ス数学者のエヴァリストガロア。10代の頃に 群を用いて記述する理論、「ガロア理論」を 研究していたが、一人の女性をめぐる決闘で、 22歳の若さで亡くなっている。人生色々ですね

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

  • 看護師におすすめの本 ナースのための薬の事典や、看護の現場ですぐに役立つ医療ガイドをご紹介いたします。 |2018年07月11日 (水) 12:00
    看護師におすすめの本
  • NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク 第1巻 科学者たちは語る。「人体の真の姿は、巨大なネットワークだ」いま、医学の世界で起きている大転換。最新科学が明らかにした... |2018年01月16日 (火) 18:08
    NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク 第1巻
  • BLSヘルスケアプロバイダーコースの本 病院の内外で実践できる,個人およびチームのBLSスキルを指導する『BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル』のほ... |2016年02月10日 (水) 16:45
    BLSヘルスケアプロバイダーコースの本
  • 神経学を学ぶ学生必携の書 画像検査から緩和ケアまで、最新の内容を盛り込み、神経学の教科書として時代に即した内容が自慢の『臨床神経内科学』。本改... |2016年02月10日 (水) 16:33
    神経学を学ぶ学生必携の書
  • 内科、外科1700疾患を1冊に凝縮 多くの病棟で常備され,看護師をはじめ,様々な医療従事者に利用されている『イヤーノート 2017 内科・外科編』。認定... |2016年02月10日 (水) 16:23
    内科、外科1700疾患を1冊に凝縮
  • 3種類から選べる『理科年表』 自然科学を全分野にわたって集約した「自然界の辞典」ともいえる『理科年表 平成28年』。通常版のほかに、文字が大きく読... |2016年01月13日 (水) 17:16
    3種類から選べる『理科年表』

おすすめの商品