アーノルド ローベル

人物・団体ページへ

ふたりはいっしょ ミセスこどもの本

アーノルド ローベル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579402489
ISBN 10 : 4579402480
フォーマット
出版社
発行年月
1972年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
三木卓 ,  
追加情報
:
22cm,64p

内容詳細

がまくんとかえるくんの物語「よていひょう」「はやくめをだせ」「クッキー」「こわくないやい」「がまくんのゆめ」の5編を収録。ニューベリー賞受賞作。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • masa@レビューお休み中 さん

    ふたりは、いつもいっしょだ。がまくんが、予定表を実行するときも、花の種をまいて、種に毎日声をかけるときも、かえるくんは、がまくんの傍に寄り添ってあげる。黙っているときもあれば、ちょっとした手助けをするときもある。それは、決して命令ではない。絶対的な指示でもない。あくまで、ともだちとしてアドバイスをするだけなんだ。だから、かえるくんの言葉はやさしいけれど心に響く言葉を放つのかもしれない。それは、大きな意味での愛情と呼べるのかもしれない。ともだちとしての愛のエネルギーを交換しているように見えてしまうんだ。

  • ソルティ さん

    読んでいていつも思うけどがまくんって、ムダな努力をするっていうか。そんなことに力を注ぐのかい?バカなのかい、無知なのかい?とか思ってしまうんだけどね、でも憎めないっていうか、その方向の違う努力が愛おしいというか。「はやくめをだせ」にて3日くらいでほっとけば芽を出すのに、怖がりやなんだなと思って、夜見張ったり、歌ったり詩を読んだり⋯。でも分かっているけどそんながまくんがかえるくんも大好きなんでしょうね。「クッキー」も子供と爆笑しながら読みました。意志力ってなかなか出せないよねー。

  • 紫 綺 さん

    なかよしがえるの二人組が、日常繰り広げる愉快なお話。ひょうきんな表情のかえるくんとがまくんに癒される。

  • greenish 🌿 さん

    仲よしの《がまくん》と《かえるくん》を主人公にしたユーモラスな5つの友情物語  ---淡い緑と茶のイラストが優しい気持ちを誘います。 『よていひょう』・・・「きょう する こと あさおきる あさごはんをたべる・・・かえるくんとあそぶ ばんごはんをたべる おねんね」 自分で決めたことは、どんなに大変でも最後までやり通すことの大切さを、可愛く教えてくれます・・・。 《がまくん》へそ曲がりだったりするけど、《かえるくん》のことが好きなんだね。

  • ゆのん さん

    【絵本】【かえるくん&がまくんシリーズ2作目】相変わらずのがまくんとかえるくん。がまくんの予定表は羨ましい過ぎる。こんな毎日なら良いなぁとつい思ってしまう。かえるくんは庭作りが上手で、がまくんはクッキー作りが上手。250

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アーノルド ローベル

1933‐1987。カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。高校卒業後、ニューヨークのプラット・インスティテュートでイラストレーションを学んだ。1962年、『マスターさんとどうぶつえん』でデビューし、1971年『ふたりはともだち』(文化出版局)、1972年『よるのきらいなヒルディリド』(冨山房)でコルデ

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド