ふたりはずっと かしこいちえのことばしゅう

アーノルド・ローベル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579404872
ISBN 10 : 4579404874
フォーマット
出版社
発行年月
2021年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
48p;20

内容詳細

「むかしむかしなかよしのふたりがいました。」とかえるくんがはなしはじめました。「それはかえるくんとがまがえるくんでした。」かえるくんとがまがえるくんのふたりの友情の言葉と知恵は、何十年もの間、読者の心に響いてきました。クラシックな絵の名場面と、楽しく生きるためのこつを組み合わせた、大切にしたい一冊です。

【著者紹介】
アーノルド ローベル : 1933年アメリカ・ロサンゼルス生まれ、ニューヨーク育ち。54歳で亡くなるまで、たくさんのすばらしい児童書を世に送り出した。1970年に出版された最初の作品『Frog and Toad Are Friends』(『ふたりはともだち』1972年、文化出版局刊)をはじめとした、かえるくんとがまがえるくんの物語は多くの子どもたちに長い間、親しまれている。『Frog and Toad Are Friends』でコルデコット賞、『Frog and Toad Together』(『ふたりはいっしょ』同年)でニューベリー賞を受賞し、多くの賞賛を集めた

三木卓 : 1935年東京生まれ。旧満洲大連、静岡県静岡市育ち。1971年に詩集『わがキディ・ランド』(思潮社刊)で第1回高見順賞、1973年に『鶸(ひわ)』(集英社刊)で第69回芥川賞のほか、童話『ぽたぽた』(筑摩書房刊)で野間児童文芸賞、『イヌのヒロシ』(理論社刊)で路傍の石文学賞、評伝『北原白秋』(筑摩書房刊)で毎日芸術賞など。1999年に紫綬褒章、2007年には日本芸術院賞、恩賜賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • chiaki さん

    不朽の名作『がまくんとかえるくんシリーズ』の名場面と友情のことば集。ふたりで過ごすささやかな時間を大切にし、相手への敬意を怠らず、お互いを思いやる。時には『ひとりきり』になりたいけど、“ふたりきり”の良さを噛み締める、ふたりの後ろ姿に改めてキュンとしました♡また読み返したいな〰。

  • annzuhime さん

    購入本。シリーズの中の文章から得られること。なかなか深い言葉が多いけど、子どもらにはまだ難しかったらしい。カエル好きの次女(5歳2ヶ月)もイラストを眺めてたけど、あまり引き込まれなかったようです。我が家の本棚のカエルコーナーに並ぶので、大きくなった時にまた眺めてもらえると嬉しいな。

  • anne@灯れ松明の火 さん

    新着棚で。『ふたりはともだち』『ふたりはいっしょ』『ふたりはいつも』『ふたりはきょうも』の4冊の名場面を集めた本。好きな人にはうれしい本だろうが、これだけでは、ちょっとピンと来ない。4冊を読もうという気にさせる本だと思った。

  • りーぶる さん

    シリーズファンなので私のために。楽しめました。

  • 頼ちゃん さん

    この2人大好き。たびたび読んでいるので、これだけでも楽しいが、やはり本編を読まないと良さは伝わらないかな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品