アート・マークマン

人物・団体ページへ

この脳の謎、説明してください! 知らないと後悔する脳にまつわる40の話

アート・マークマン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784791771110
ISBN 10 : 4791771117
フォーマット
出版社
発行年月
2018年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
240p;20

内容詳細

あなたの知らない新常識が盛りだくさん!脳トレゲームで賢くなれるの?マルチタスクでより多く仕事が片付くのか?脳はわずか10%しか使われていないというのは本当?犬のことを「犬」と呼ぶのはなぜ?だれもが子猫の動画を大好きなのはなぜ?結局のところ、脳とは何のためにあるの?など、今まで知っているようで知らなかった、謎と疑問を解決!

目次 : 新しい経験を受け入れやすい人が成功するのでしょうか?/ 幸せは自分でつかむものなのでしょうか?/ ウソを見破るにはどうすればよいでしょうか?/ 脳トレゲームで賢くなれますか?/ 物を覚えるときは物語仕立てにするのは役立つでしょうか?/ 痛みには解釈の余地があるのでしょうか?/ 学校での教え方は子どもの学び方と合っているのでしょうか?/ 早口言葉を噛んでしまうのはなぜでしょうか?/ マルチタスクをするとより多くの仕事を片付けられますか?/ 真面目さと創造性は両立できるでしようか?〔ほか〕

【著者紹介】
アート・マークマン : テキサス州立大学オースティン校教授(心理学・マーケティング)。意思決定などのトピックで150編以上の学術論文を発表しており、認知科学の知見を一般に広めるために雑誌記事の執筆やテレビ番組の監修を行っている

ボブ・デューク : テキサス州立大学教授(心理学・音楽教育)。認知科学や神経科学などさまざまな分野から人間の学習についての多くの研究がある。また、スタジオ・ミュージシャンと公立学校の教員としての経験を活かして非行の子供や少年院にいる子供の音楽教育に力を入れている

浅野義輝 : 東京都生まれ。国際基督教大学卒業、米国コロラド大学大学院博士課程(言語学)中退、バベル翻訳大学院翻訳科学修士課程修了。技術資料の制作・翻訳、ソフトウェアローカリゼーション、システムテスト、計測器メーカーの常駐翻訳者などを経て、現在はフリーの技術翻訳者。アメリカ翻訳者協会認定(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • はぶちえ さん

    脳に関する雑学本。ラジオが元なので、するする読めるのもありがたい。章末の格言もクスリと来る。 そして、やはり人間にはマルチタスクは不可能なのだ。諦める

  • 呑司 ゛クリケット“苅岡 さん

    ラジオ用に質問と解説したモノが40編、各々にユーモアの効いた解答がついている。何より嬉しいのは、参考文献のリストが各編をキッカケに知識を深めようとする人のために研究の入り口用レベルに揃えてあること。奥深い知識の沼へ誘うため、敷居を低くした名著だと思う。続編に期待が高まる。

  • Hina Tomiishi さん

    脳の本ですが、かるーく読めます

  • まつまゆ さん

    読みやすい言葉で書いてあるので、すらすら読めます!それと、各章の最後にある一言が面白い。題名どおりわかりやすい内容です。あと、さりげなく今まで当たり前だと思ってたことを否定する内容が!読みながら、何を根拠にそう思ってたんだっけ???と反省しかり。脳の謎を知るということは、自分でちゃんと考えるということなんだな。きっと!

  • y さん

    二人の心理学者がラジオでトークした内容を書籍化したもの。 訳が上手なのか、軽快な感じでスラスラと楽しく読めました。 各章の最後に格言っぽいものが載っていて、時折クスリと笑ってしまいました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アート・マークマン

テキサス州立大学オースティン校教授(心理学・マーケティング)。意思決定などのトピックで150編以上の学術論文を発表しており、認知科学の知見を一般に広めるために雑誌記事の執筆やテレビ番組の監修を行っている

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品