アーサー・マッケン

人物・団体ページへ

恐怖 アーサー・マッケン傑作選 創元推理文庫

アーサー・マッケン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488510039
ISBN 10 : 4488510035
フォーマット
出版社
発行年月
2021年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
656p;15

内容詳細

アーサー・マッケンは1863年、ウエールズのカーレオン・オン・アスクに生まれた。ローマに由来する伝説と、ケルトの民間信仰が受け継がれた地で、神学や隠秘学に関する文献を読んで育ったことが、唯一無二の作風に色濃く反映されている。古代から甦る恐怖と法悦を描いて物議を醸した、出世作にして代表作「パンの大神」ほか全7編を平井呈一入魂の名訳にて贈る。

【著者紹介】
アーサー・マッケン : 1863年ウエールズ、カーレオン・オン・アスクで、代々牧師の家系に生まれる。軍医を志すも挫折した後、作家を目指してロンドンで創作活動を開始。出世作にして代表作となった「パンの大神」は、イギリスの文壇に大きな衝撃を与えた。40歳を前に一度筆を折り、約10年にわたりシェイクスピア劇の劇団員として生活を送る中で『夢の丘』、「生活の欠片」などを執筆。第一次世界大戦を機に、怪奇実話や随想を発表するようになり、文筆生活を再開した。1947年没

平井呈一 : 1902年東京に生まれる。早稲田大学中退。67年、“小泉八雲作品集”12巻完成により日本翻訳文化賞を受賞。76年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
最近、平井呈一がらみの翻訳で創元推理文庫...

投稿日:2021/06/12 (土)

最近、平井呈一がらみの翻訳で創元推理文庫から出版が続いているので今回も購入してみました。

白塗りのサル さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ふみふみ さん

    「恐怖」は元祖コズミックホラーかと思いながらページをめくりましたが結末にはちょっとこじつけが過ぎるというか、んなこたあないだろ感強しです。「内奥の光」「輝く金字塔」「赤い手」は代表作「パンの大神」に連なるマッケンの鉄板ネタですが出来が良くて一番グロい「輝く金字塔」が好み。既読も含めて読み直して感じたことはマッケンの文章は翻訳の古さを差し置いても、読みにくさや冗長性があって洗練されてるとは言い難く、そういう点からも幻想と法悦を最もスムースに味わえるのは魔道LOVEな少女の手記の形を取った「白魔」だなと。

  • ハルト さん

    読了:◎ 「パンの大神」は、何度読んでもゾクリとくる。マッケンのどこか原始的な恐怖を呼び起こす作風の良さを拾いあげた作品集だと思う。「生活の欠片」の、平凡な生活の中、じわじわと狂気が迫る圧迫感。「白魔」の偶像へのオカルト的狂信さ。「恐怖」の明滅する連続殺人の不可解さと恐怖。「内奥の光」「輝く金字塔」「赤い手」の著者らしい作品たちもよかった。

  • あくび虫 さん

    お名前はかねがねの「パンの大神」…ドキドキしながら読みました。どの作品にも言えることですが、正直よく分からない。でも面白い。分からないが妙に凝って、面白いのかもしれません。なるほど一番印象深いのは「パンの大神」。とはいえ、そのあとに続く探偵物じみた作品群も、味わい深くて楽しい。「生活の欠片」は果てしない生活描写に気が遠くなりました。表題の「恐怖」は、一番引き付けて読みやすかった。ただやっぱり、よくわからない作品の方が魅力的ですね。他の作品も読んでみたいです。

  • sugsyu さん

    アーサー・マッケン傑作選。ほぼ再読になるが、なかでも「生活の欠片」は何度読んでも、平凡な銀行員のロンドン生活が幻想のなかに融け落ちていく静かなプロセスが、実に慄然たるもので、コズミックホラーとサイコホラーを二つながら先取りした傑作。初読の「恐怖」は、第一次大戦期の報道管制の敷かれたイギリスの田舎に広がる連続怪死事件を扱ったもので、マッケン作としては異色でもあるが、(特にコロナ禍の今読むと)題名負けしない恐ろしさに満ちている。ややSF的な解決編は省いた方が怖いかもしれない。

  • へいへい さん

    ジャケ買い。翻訳物特有のクセの強さで読みにくいのもあったが、結果は正解だった。表題作が最も良かった。こういう名前も知らなかった作家に偶然出会えるのが本屋でのジャケ買の醍醐味。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品