アレクシアス

アンナ・コムニニ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784865820409
ISBN 10 : 486582040X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
840p;22

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • じょあん さん

    コムニノス朝百年の礎を築いた皇帝アレクシオス1世の生涯と事績。父アレクシオスを愛してやまない娘アンナの手によるだけに、実際以上にアレクシオスを偉大に描いていると言えなくもない。しかし各所から外敵が押し寄せ、内部にも陰謀を抱えた波瀾の治世の中で、帝国を中興し天寿を全うしたのを見れば、やはりアレクシオスの偉大さを思わずにはいられない。こう思うのは私も皇女アンナの筆力にすっかり参ってしまったからかもしれない。訳註も索引も充実しており非常にありがたい。これを日本語で読めるようになったのは幸せなことである。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アンナ・コムニニ

1083年12月2日〜1154/55年頃没。ビザンツ皇帝アレクシオス1世コムニノス(在位1081〜1118年)の息女。1097年頃、名門の軍事貴族出のニキフォロス=ヴリエニオスと結婚。アレクシオスの死後、アンナの弟ヨアニスが即位。アンナは夫ヴリエニオスを担いでクーデターを企てるも失敗。以後、母の建て

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品