アンドルー・ラング

人物・団体ページへ

ラング世界童話全集 2 ばらいろの童話集 偕成社文庫

アンドルー・ラング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784035510703
ISBN 10 : 403551070X
フォーマット
出版社
発行年月
2008年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,326p

内容詳細

民俗学者、編集者のラングによって集められた世界各地の昔話を、定評ある名訳で贈るシリーズ。本書には、エストニアの「トントラワルド物語」、イタリアの「かえる」、セルビアの「やぎの耳」など、17編を収録。

【著者紹介】
川端康成 : 1899年大阪に生まれる。東京大学国文科卒。1961年に文化勲章、1968年にはノーベル文学賞を受賞。1972年没

野上彰 : 1908年徳島に生まれる。本名藤本登。京都大学法科中退。日本棋院、大地書房各編集局長のほか、火の会、雲の会、ペンクラブ、米国囲碁協会などにくわわり、詩、小説、翻訳、囲碁、将棋、麻雀、競馬とあらゆるジャンルに、奇才ぶりを発揮。1967年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おーちゃんママ さん

    川端康成訳というだけでなんだか凄い文学作品を読んだ気分になれました。「はなさかじいさん」、いじわるじいさん=うらやましがりやのとなりのひと というのが面白い。

  • にしき よう さん

    挿絵がお話にあっていた。「花さかじいさん」の話もこの中に入ると違った雰囲気。

  • 空 さん

    装丁が可愛くて良い。面白かったけど紹介文に世界の妖精物語って書いてあったから「花さかじいさん」とか入っててちょっと驚いた(笑。

  • kaolu さん

    気に入ったお話は「トントラワルドの物語」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アンドルー・ラング

1844年、スコットランド生まれ。名門セント・アンドルーズ大学からイングランドのオクスフォード大学に進み、同大学最古の学寮マートンカレッジの特別研究員となる。1875年、ロンドンに移住。ジャーナリストの仕事につき、新聞や雑誌で評論、エッセイなどを発表する。1882年の設立当初から心霊現象研究協会の会

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品