アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

人物・団体ページへ

星の王子さま

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784774406268
ISBN 10 : 4774406260
フォーマット
出版社
発行年月
2016年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
172p;19

内容詳細

すてきな贈り物のように、心にのこる言葉がたくさんつまった、フランス文学の永遠の名作 "Le Petit Prince"。
ベストセラー「あん」の著者・ドリアン助川さんの翻訳ができました。
まるで、語り手の肉声が聞こえてくるような、新訳になりました。
ドリアンさんの訳者あとがきも大充実。
リヨン滞在の思い出もまじえながら、「星の王子さまとサン=テグジュペリ像」ほか、撮りおろしの写真も掲載しています。

サン=テグジュペリの原画ももちろんすべて掲載、装丁はきれいな仮フランス装です。
ご自分への、そして大切なだれかへの贈り物にピッタリです。

【著者紹介】
アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ : 1900‐1944。フランス・リヨンに伯爵家の長男として生まれる。海軍兵学校の入試に失敗したあと、21歳のときに兵役で航空隊に入隊。除隊後、26歳で民間航空会社に就職し、郵便飛行に従事する。同年、作家デビュー。以後さまざまな形で飛行し、その体験にもとづく作品を残した。代表作に『夜間飛行』(31年、フェミナ賞)、『人間の大地』(39年、アカデミー・フランセーズ賞)などがある。『星の王子さま』(原題は『小さな王子』、43年)は第二次世界大戦中、亡命先のニューヨークで書かれた。翌44年7月、偵察任務でコルシカ島の基地を発進した後消息を絶った

ドリアン助川 : 1962年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部東洋哲学科卒。放送作家などを経て、90年に「叫ぶ詩人の会」を結成。99年のバンド解散後に渡米。2002年に帰国し、明川哲也の筆名で詩や小説を執筆。2011年より、ふたたびドリアン助川の名前で活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 手を洗う♪みどりpiyopiyo♪ さん

    「何百万もある星のなかで、たったひとつの星にしかない花を愛している人がいたとしたら、その人は星空を見るだけで幸せな気持ちになるよ…」■四六判くらいのソフトカバーで、文は縦書き。それだけ聞くと期待薄めですが、パール掛かったカバー、カバー袖の星々、黄色い表紙、扉絵のポップなコラージュ、ソフトカバーながらも糸綴じで開きも良く、行間と余白が広くすっきりとした頁、…と、装丁が軽やかで素敵です♪ ドリアン助川の訳は、読みやすく、また、日本語としてのリズムが良いのが流石ですね。(1943年、2016年訳)(→続

  • 蒐 さん

    歳を重ねるにつれて、大切なことがどんどん目に見えなくなっている気がする。この本を読むたびにそんな自分に気づいて悲しくなってしまう。でもその大事なことを、この小さな王子さまに教えてほしくて、これからも何度もこの本を手に取りたいと思うのだ。心に染みる言葉やエピソードがいっぱいあるけれど、キツネとの会話が本当に本当に好き。大切な人との繋がりって、こうやって日々の中で少しずつ少しずつ育まれていくんだね。そして、王子さまとの別れはいつも泣いてしまう。これまでとこれからの出会いと別れ。そのすべてに感謝の思いを馳せて。

  • yumi✽.。.:* さん

    今回はドリアン助川さんの訳で読む。とても優しく、訳者がこの本をとても大切にしていることがわかる。途方に暮れる広い世界から、かけがえのない世界になって、笑いかけてくれるようになる、星の王子さまの魔法。一輪のバラ、キツネ、砂漠の井戸、星空。

  • おおたん さん

    恥ずかしながら、初読みです(^^;; 最初は、物語テイストの自己啓発本なのかな!?と思いながら読み進めていました。途中から、なんだか悲しくなり、訳者のあとがきに著者のについて読むと、そうではない事がわかりました。戦争という背景に、何が大切なのか?などを伝えてくれる本なのかな?と思いました。深いというか、まだ理解度が足りないように感じ、再度、読み直したいと思う本です。

  • kikiみみ さん

    星の王子さま祭り。お話として読みやすいから意訳になるのだろう。わかりやすく訳してあるが、会話文に今どきな表現があったり、王子さまが出会う人々が日本独特の方言で話したりするところが残念。(おそらくここが助川さんらしいのだろうけど)あとがきは王子さまの世界を解説してあり良かった。たくさんの「星の王子さま」が出版されている。どれも同じ話なのにどれもどこか違う。なかなか楽しい「星の王子さま祭り」だった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

作家、飛行士。1900年フランスのリヨン生まれ。フランスの民間郵便飛行機のパイロットとなり、たくさんのフライトを経験。第二次世界大戦中は、連合軍の偵祭飛行を任務とする部隊に所属。1944年、飛行中に消息を絶ち、行方不明となる。著書『星の王子さま』は出版と同時に多くの人に読まれ、20世紀中、最も多くの

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

  • 『異世界のんびり農家』10巻!特装版はドラマCD付き♪ 各種族による出し物の披露や、ザブトンによるファッションショーで盛り上がる村民たち。 そんな平穏な日常は一変、五ノ村... |2021年02月15日 (月) 13:00
    『異世界のんびり農家』10巻!特装版はドラマCD付き♪
  • BTS愛読書&アルバム・MV引用本 メンバーがおすすめの本や、アルバムのコンセプト、MVで引用された関連本まとめページです。【不定期更新】 |2021年02月12日 (金) 11:00
    BTS愛読書&アルバム・MV引用本
  • 第8回「高校生直木賞」 第8回「高校生直木賞」候補作決定! |2021年02月05日 (金) 17:30
    第8回「高校生直木賞」
  • 2020年本屋大賞発表! 大賞:凪良ゆう『流浪の月』ほか2020年度の本屋さんがいちばん売りたい本各賞決定! |2021年02月03日 (水) 00:00
    2020年本屋大賞発表!
  • 第13回新井賞発表 第13回新井賞は、桜木紫乃『俺と師匠とブルーボーイとストリッパー』に決定! |2021年01月20日 (水) 20:45
    第13回新井賞発表
  • 第164回芥川賞・直木賞 芥川賞に宇佐美りん『推し、燃ゆ』、直木賞に、西條奈加『心淋し川』が決定! |2021年01月20日 (水) 16:30
    第164回芥川賞・直木賞

おすすめの商品