アントラム栢木利美

人物・団体ページへ

アメリカ暮らし住んでみてわかる常識集

アントラム栢木利美

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784750503103
ISBN 10 : 475050310X
フォーマット
出版社
発行年月
2004年04月
日本
追加情報
:
21cm,270p

内容詳細

カリフォルニア在住15年。未だにうまく“ハグ(hug)”のできない著者が、自らのつまずきや発見を通して綴るとっておきのアメリカ常識。

目次 : 1 自ら経験してわかる暮らしのルール/ 2 交じわってわかるお付き合いのマナー/ 3 一緒に働いてわかるワーキングスタイル/ 4 “違い”に触れてわかるアメリカ流生活術/ 5 子どもを育ててわかる意外な教育事情/ 6 住んでみてわかる「これぞアメリカ!」

【著者紹介】
アントラム栢木利美 : 日本大学芸術学部文芸学科卒業後、広告代理店に勤務。77年、リポーターとしてハリウッドへ渡る。帰国後、ライター、テレビリポーターとして活動の幅を広げる。89年よりサンフランシスコ在住。現在、航空会社に勤めるかたわら、リポーター、ジャーナリストとして活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 近藤雄一朗 さん

    著者が実際にアメリカに住んでみた感じたことが書かれている。日常生活の常識とか。アメリカにも敬語に相当する言い方はある。しかも、家族や親友同士でもそういう言い方をする。意外だ。 決して謝らないとか医療費が高いとかは別の著書でも読んだ。こういうトコ嫌なんだよね。日本のが良いなって思ってしまう。

  • うさ子 さん

    (読みかけ)

  • 絹子 さん

    「住んでみてわかる」ということだけど、行ったことのない私でも「えっ、そうなの?!」と驚くような内容は特に見当たらなかった。むしろ映画やニュースやWebで伝わってくるアメリカそのものというか…。2004年と、けっこう昔の情報だからかも。でも文章に嫌味がなく、日本をこき下ろしたりせず、読みやすいのはいいところだと思います。

  • 新宅睦仁 さん

    看板に偽りなし。アメリカの生活のあれこれがよくわかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アントラム栢木利美

日本大学藝術学部文芸学科ジャーナリズムを卒業。アメリカハリウッドへ雑誌レポーターとして渡米。帰国後、くらしデザイナーとして活躍。89年に渡米。2010年、『Green Tea Living』でアメリカで作家としてデビュー。『Green Tea Living』では、日本の古来から伝わる食べ物、健康、家

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品