アンソニ・バークリ

人物・団体ページへ

ジャンピング・ジェニイ 世界探偵小説全集

アンソニ・バークリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784336041616
ISBN 10 : 433604161X
フォーマット
出版社
発行年月
2001年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,350p

内容詳細

人気作家の家での仮装パーティの席上、過激な言動で顰蹙を買っていた女性が、余興に設えられた絞首台で死んでいるのが発見された…。傑作が集中するバークリー/アイルズ中期の代表作。

【著者紹介】
アントニイ・バークリー : 1893‐1971。本名アントニイ・バークリー・コックス。ユーモア作家として出発した後、“?”名義で、名探偵ロジャー・シェリンガム登場の探偵小説第1作「レイトン・コートの謎」(25)を発表。以後、バークリー名義で「毒入りチョコレート事件」(29)、「第二の銃声」(30)、「試行錯誤」(37)などの独創的なアイディアに満ちた探偵小説、フランシス・アイルズ名義では「殺意」(31)他の殺人者の心理に重きをおいた犯罪小説を発表。黄金時代探偵小説の頂点を極めるとともに、以後のミステリの流れにも大きな影響を与えた

狩野一郎 : 1961年、神奈川県生まれ。神奈川県立多摩高等学校卒業。藤原編集室翻訳課所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ちどり さん

    有名な殺人者か犠牲者に変装して参加する一風変わったパーティーに招待されたロジャー・シュリンガム パーティーの屋上には不気味な絞首台があり三体の藁人形はぶら下がっていた。そんなパーティーのなか主催者の弟の妻は鬱症でひどい目立ちたがり屋だったため皆から嫌われていた。屋上で弟の妻は自ら絞首台で死にたいとうそぶき、ある人物がとっさに自殺に見せかけ殺してしまう(この時点で犯行を犯した人物が読者にわかるようになっていて、ロジャーのトンチンカン行動や見抜いたのに外してしまうところがおもしろい)最後の新事実も良。

  • まど さん

    ハラハラしながらグイグイ読むことはなく、ムムム…ムムム…と読み進めていき「フーム。なるほどね」という感じのミステリーだった。

  • madhatter さん

    再読。バークリーは変わり種の推理小説を遺した作家だが、本作は中でも飛びきりの怪作だ。多くの推理小説では、司直の手に委ねるかは別として、探偵は犯人に至る。また、探偵の失敗を描く作品も多いが、それでも失敗を通して探偵は真相を知る。そこにあるのは真実への希求だ。だが今回のシェリンガムは、真相を求めるよりも、事実ではない物語を描くために奔走する。そして「実際に何が起こったか」を彼は知らぬまま、物語は終わる。私はそれなりに推理小説を読んできたと思うが、真実を渇仰しない名探偵って、後にも先にも彼だけのような気がする。

  • serene さん

    笑った笑った。 とても面白かった。

  • 江場純 さん

    め、迷探偵?黒い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品