アルフレッド・W・クロスビー

人物・団体ページへ

数量化革命 ヨーロッパ覇権をもたらした世界観の誕生

アルフレッド・W・クロスビー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784314009508
ISBN 10 : 4314009500
フォーマット
出版社
発行年月
2003年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,352p

内容詳細

数字、暦、機械時計、地図、貨幣、楽譜、遠近法、複式簿記…。ものの見方や思考様式を根底から変えた、数量化・視覚化という革命。ヨーロッパ覇権を準備した人々の思考様式の変化を追う。

【著者紹介】
アルフレッド・W・クロスビー : 1931年、ボストン生まれ。歴史学者。オハイオ州立大学、ワシントン州立大学、テキサス大学などで教職を歴任

小沢千重子 : 1951年、東京生まれ。東京大学農学部水産学科卒。水産庁勤務などを経て、現在、ノンフィクション分野の翻訳に従事している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • roughfractus02 さん

    複式簿記と記数法は定性的世界を静的に定量化し、地図製作と遠近法は三次元世界を二次元に表現し、暦法と機械時計と楽譜は時間に一様な線状表現を定着させた。これらが人間の知覚の中で視覚の優位を突出させる。一方、この3つの発明は近代を開くヨーロッパの帝国化と歴史的な共通点がある。前作『ヨーロッパ帝国主義の謎』でのなぜ帝国主義化が可能なのかという問いに対し、本書は心性(エートス)の側から接近し、数量化という鍵を見出す。では、なぜ数量化が必要なのか、という問いは、数量化する時空を前提に生きる現代の我々に向けられている。

  • 富士さん さん

    現実を正しく認識することを放棄して、数量化という仮定を広く取り入れることで世界を巧みに説明することに成功した西洋文明の特徴を論じた超名著です。何度読んでもページを繰る毎に刺激的な発見があり、ゾクゾクします。アニメへの関心から時間や音楽、絵についてへの言及に激しく心動かされましたが、数量化というのは個人の差異を無視してひとりの人間を無条件でひとつの主体として扱ったり、価値に統一単位を当てはめて市場化したりと、民主主義や資本主義の前提となる価値観です。小手先では語りきれない、重大な視点だと思います。

  • ピリカ・ラザンギ さん

    ヨーロッパ帝国主義はなぜ起こったのか?という包括的問題へのアプローチ。思考様式として数を扱う条件があったという観点から書かれた本。ヨーロッパは不安定な時代が長く、敬うべき社会規範の疑いが古い哲学への懐古を生んだ。筆者はまず、時間の計量から、芸術としての楽譜(初めてのグラフ)遠近法、そして経済の複式簿記が、思考様式として数学的考え方が広がったとしている。特に複式簿記はその他の物理、数学の「発見」よりも、社会全体への影響力が強かったとしているのが面白い。

  • au-lab さん

    久しぶりにグッときて一気に読んでしまった良書。 事物がなんでも計測できるという「当たり前」に「内面化」されている現代の思考様式がいかに歴史的に形成されてきたか、主に中世からルネサンス期のヨーロッパにおける「数量化」と「視覚化」という観点から論考を展開する。メディア論的にもトロント学派っぽい視点もあり、時間と空間が枠づけられることで、音楽や絵画も、共通の単位に還元しうるという思考様式によって変容させられてきたという指摘はとても面白い。

  • yukibon さん

    もうちょっとだけ踏み込んでほしかったなぁー。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アルフレッド・W・クロスビー

1931年、アメリカ合衆国・ボストンに生まれる。1961年、ボストン大学にて博士号取得。ワシントン州立大学、テキサス大学をはじめ、多くの大学で教鞭を執りつつ、研究を行う。現在、テキサス大学オースティン校名誉教授。専門はアメリカ史、地政学、生態学的歴史学

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

  • 『サピエンス全史』の著者が描く衝撃の未来『ホモ・デウス』 我々は不死と幸福、神性をめざし、ホモ・デウス(神のヒト)へと自らをアップグレードする。そのとき、格差は想像を絶するものとなる。世界的ベストセラーが待望の邦訳。 HMV&BOOKS online|2018年9月6日(木)
  • なぜ日本人は幸福を感じられないのか? 物質的豊かさと便利さを実現したにも関わらず、なぜ日本人は幸福を感じられないのか。社会思想家の著者が資本主義の行き着く先を語る『さらば、資本主義』。 HMV&BOOKS online|2015年10月19日(月)
  • アメリカの転換期1950年代の正体を暴く 越智道雄×町山智浩の巻末対談も見逃せない!ピュリッツアー賞作家、デイヴィッド・ハルバースタムの『ザ・フィフティーズ 1950年代アメリカの光と影』がちくま文庫で登場! HMV&BOOKS online|2015年9月16日(水)
  • 齋藤佳子「信じる! 伝える! 実現する!」 TBS人気番組『マツコの知らない世界』でプレゼンターを務めた「全人類を応援する元NFLチアリーダー」齋藤佳子の、周りも元気にしてしまう超ポジティブな生き方とは? HMV&BOOKS online|2015年9月10日(木)
  • 話題の本「日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族」 8/13「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」(テレ朝19時〜)にて、1978年に「最後の帰還兵」として中国から帰国した深谷義治さんが取り上げられました。 HMV&BOOKS online|2015年8月14日(金)
  • 視覚が、触覚が、嗅覚が、あなたの思考を操っていたとしたら…? 人の思考や判断は、知らず知らずのうちに何ら合理性のない、 五感からの情報に大きく左右されている―そんな驚きの研究結果がこの10年で続々と発表され、心理学の世界で注目を集めている「身体化された認知」とは? HMV&BOOKS online|2015年8月13日(木)

おすすめの商品